電子書籍 ケン月影大江戸三部作(徳間書店(トクマコミックス)) アダルトマンガ

著者: ケン月影 

まずは、無料で試し読み

試し読み

19ページ読める

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

ケン月影の東海道中モモ栗毛 あらすじ・内容

ケン月影は官能劇画の第一人者にしてレジェンド!
1941年11月10日生まれの79歳。傘寿を目前にした現役マンガ家である。
本書は、ケン月影が満を持して送る時代官能劇画の傑作群、
題して「ケン月影大江戸三部作」。

第一作は、『ケン月影の東海道中モモ栗毛』。
江戸の大ベストセラー十返舎一九・作『東海道中膝栗毛』の本歌取りである。
第一宿 日本橋~品川、第二宿 戸塚~藤沢、第三宿 大磯~小田原とつづき、最終第十六宿で京都三条大橋に到着という趣向。
道中を演じるのは、ご存知、弥次郎兵衛こと通称・弥次さんと通称・喜多さんこと喜多八の凸凹コンビ。
お江戸日本橋七つ立ちから、高輪に差し掛かる。当時の高輪は野良犬のたまり場。折しも若妻が野犬の群れに襲われ、あられもない姿に…。
通りかかった弥次喜多が救い出すも、素っ裸の若妻は「挿れて……下さい」のすがる目で…。
はてさて、「据え膳食わぬは男の恥」とばかりの第一宿とあいなりますか?

さる尻フェチがこんなことを言っていた。
ケン月影の尻の魅力は、ミケランジェロの尻に匹敵する世界遺産である。
堪能あれ!

この作品を共有
  

「ケン月影大江戸三部作(徳間書店(トクマコミックス))」最新刊

ケン月影は官能劇画の第一人者にしてレジェンド!
1941年11月10日生まれの79歳。傘寿を目前にした現役マンガ家である。
本書は、ケン月影が満を持して送る時代官能劇画の傑作群、
題して「ケン月影大江戸三部作」。

第三作は、『ケン月影の椿説耳嚢』。その下巻。
原典は『耳嚢(みみぶくろ)』。江戸中期、数々の奉行職を歴任した有能な官吏・根岸鎮衛(ねぎし・やすもり)が同僚や古老から聞いたチン談・奇談を書き綴った都市伝説集である。
これら怪異譚の聞き役に根岸の愛妾・千鶴を配し、独自の新解釈を加えて、ケン月影が令和に甦らせた。狂言回しに、人語を放つ寅吉が登場。怪異譚にも笑いを潜ませた逸品となった。
さて、下巻である。第二十八譚 狸 遊女を揚(あげ)し奇談の事 は、タイトルそのままの、タヌキが化けて遊女と遊んで、朝起きたらタヌキに戻って寝ていた話。
第三十二譚 夜発(やはつ)狂名の事 は、伝説の夜発=夜鷹の話。この夜発が大晦日の夜に一晩で330人の客をとったというのである…。
最終第四十譚は、 蘇生の人の事。葬られた土饅頭から生き返った男が見たものは? 地獄か、はたまた…? 『耳嚢』千譚の大団円である。

さる尻フェチがこんなことを言っていた。
ケン月影の尻の魅力は、ミケランジェロの尻に匹敵する世界遺産である。
堪能あれ!

「ケン月影大江戸三部作(徳間書店(トクマコミックス))」作品一覧

(4冊)

各660(税込)

まとめてカート

ケン月影は官能劇画の第一人者にしてレジェンド!
1941年11月10日生まれの79歳。傘寿を目前にした現役マンガ家である。
本書は、ケン月影が満を持して送る時代官能劇画の傑作群、
題して「ケン月影大江戸三部作」。

第一作は、『ケン月影の東海道中モモ栗毛』。
江戸の大ベストセラー十返舎一九・作『東海道中膝栗毛』の本歌取りである。
第一宿 日本橋~品川、第二宿 戸塚~藤沢、第三宿 大磯~小田原とつづき、最終第十六宿で京都三条大橋に到着という趣向。
道中を演じるのは、ご存知、弥次郎兵衛こと通称・弥次さんと通称・喜多さんこと喜多八の凸凹コンビ。
お江戸日本橋七つ立ちから、高輪に差し掛かる。当時の高輪は野良犬のたまり場。折しも若妻が野犬の群れに襲われ、あられもない姿に…。
通りかかった弥次喜多が救い出すも、素っ裸の若妻は「挿れて……下さい」のすがる目で…。
はてさて、「据え膳食わぬは男の恥」とばかりの第一宿とあいなりますか?

さる尻フェチがこんなことを言っていた。
ケン月影の尻の魅力は、ミケランジェロの尻に匹敵する世界遺産である。
堪能あれ!

ケン月影は官能劇画の第一人者にしてレジェンド!
1941年11月10日生まれの79歳。傘寿を目前にした現役マンガ家である。
本書は、ケン月影が満を持して送る時代官能劇画の傑作群、
題して「ケン月影大江戸三部作」。

第二作は、『ケン月影の北斎まん画』。
「ホクサイスケッチ」として名高い『北斎漫画』の本歌取りであり、世界の葛飾北斎の画狂人ぶりをベースに描かれる官能劇画。
春画の達人でもあった北斎に版元・蔦屋重三郎からの注文が入る。
門外不出の遊女性技指南書『おさめかまいじょう』に春画の挿絵を描いてくれという。
『おさめかまいじょう』とは、女郎屋の主人が書いたと思しき、遊女を管理し(=おさめ)指導する(=かまい)方法が書かれた箇条書き(=じょう)。春画のモデルを捜しに吉原通いも始まるが…。
時に、北斎の三女・20歳のお栄もモデル探しに駆り出され、第一画 蛸と海女 では、蛸を買いに行かされたあげく、
銭湯で芸者相手に、「足を土手の上に這わすな」「口と口を合わせろ」と父・北斎から怒鳴られる羽目に…。
傑作『喜能会之故真通(きのえのこまつ)』(「蛸と海女」)誕生の瞬間である。

さる尻フェチがこんなことを言っていた。
ケン月影の尻の魅力は、ミケランジェロの尻に匹敵する世界遺産である。
堪能あれ!

ケン月影は官能劇画の第一人者にしてレジェンド!
1941年11月10日生まれの79歳。傘寿を目前にした現役マンガ家である。
本書は、ケン月影が満を持して送る時代官能劇画の傑作群、
題して「ケン月影大江戸三部作」。

第三作は、『ケン月影の椿説耳嚢』。その上巻。原典は『耳嚢(みみぶくろ)』。
江戸中期、数々の奉行職を歴任した有能な官吏・根岸鎮衛(ねぎし・やすもり)が同僚や古老から聞いたチン談・奇談を書き綴った都市伝説集である。
第一譚 猫 物を言ふ事 はこうである。江戸牛込山伏町のさる寺に居つく猫があった。ある日、この猫が鳩を狙って取り逃がし、たしかにこう言ったという。「残念なり」。
これら怪異譚の聞き役に根岸の愛妾・千鶴を配し、独自の新解釈を加えて、ケン月影が令和に甦らせた。
狂言回しに、こちらも人語を放つ寅吉が登場。怪異譚にも笑いを潜ませた逸品となった。
第三譚 金精神(こんせいじん)の事 は、黒銅で出来た男のイチモツ・金魔羅大明神を崇め奉る村のハナシ。
第七譚 太陰(たいいん)の人因果の事 は、つまり、秘口が法螺貝の娘のハナシと艶笑譚も楽しめる。

さる尻フェチがこんなことを言っていた。
ケン月影の尻の魅力は、ミケランジェロの尻に匹敵する世界遺産である。
堪能あれ!

「ケン月影大江戸三部作(徳間書店(トクマコミックス))」の作品情報

レーベル
――
出版社
徳間書店
ジャンル
アダルトマンガ おとなマンガ 男性向け 歴史
ページ数
195ページ (ケン月影の東海道中モモ栗毛)
配信開始日
2021年7月1日 (ケン月影の東海道中モモ栗毛)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad