電子書籍 巨乳嫁みだら奉仕(竹書房ラブロマン文庫) 文芸・小説

著: 梶怜紀 

まずは、無料で試し読み

試し読み

13ページ読める

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

巨乳嫁みだら奉仕 あらすじ・内容

内容紹介
会社経営を引退して苺農家をやっている鍋倉浩輔は、女宮司で未亡人の佐代子とまぐわったのを皮切りに、美女たちと淫らな縁を結ぶようになる。
家政婦として再会した元部下のあいりを破廉恥なプレイで悦ばせ、自分を慕ってくる次男の嫁の佐緒里に巨乳で肉棒をいたわられ、長男の嫁の愛美からは子種をねだられる日々…。
女たちの肉体ご奉仕に昂りを募らせ、浩輔は欲情を思うさま女の奥に注ぎ込む。
快楽と興奮の嫁奉仕ロマン!

この作品を共有

「巨乳嫁みだら奉仕(竹書房ラブロマン文庫)」最新刊

内容紹介
会社経営を引退して苺農家をやっている鍋倉浩輔は、女宮司で未亡人の佐代子とまぐわったのを皮切りに、美女たちと淫らな縁を結ぶようになる。
家政婦として再会した元部下のあいりを破廉恥なプレイで悦ばせ、自分を慕ってくる次男の嫁の佐緒里に巨乳で肉棒をいたわられ、長男の嫁の愛美からは子種をねだられる日々…。
女たちの肉体ご奉仕に昂りを募らせ、浩輔は欲情を思うさま女の奥に注ぎ込む。
快楽と興奮の嫁奉仕ロマン!

「巨乳嫁みだら奉仕(竹書房ラブロマン文庫)」の作品情報

レーベル
竹書房ラブロマン文庫
出版社
竹書房
ジャンル
文芸・小説 官能小説 官能
ページ数
239ページ (巨乳嫁みだら奉仕)
配信開始日
2021年1月8日 (巨乳嫁みだら奉仕)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad