電子書籍 深川みだら宵(スコラマガジン) 文芸・小説

著: 文月芯 

まずは、無料で試し読み

試し読み

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

深川みだら宵 あらすじ・内容

「おぬしの乳首形を取らせて欲しい」深川で女郎をしている“お響”は、小太りの侍から奇妙な頼み事をされた。“乳首形”とはつまり、相撲取りの手形のように、乳首に墨を塗って半紙に押したものだという。金払いが良かったため、渋々このお願いを引き受けるお響。「まことに良い乳首だ」感慨深げにうなずく侍は、筆を使って乳房に墨を塗り始めた。筆がコニョコニョと突起の周囲を這う。くすぐったさと快感でお響はたまらず淫声をあげた。そして乳首はたちまち硬くなって……。

この作品を共有

「深川みだら宵(スコラマガジン)」最新刊

「おぬしの乳首形を取らせて欲しい」深川で女郎をしている“お響”は、小太りの侍から奇妙な頼み事をされた。“乳首形”とはつまり、相撲取りの手形のように、乳首に墨を塗って半紙に押したものだという。金払いが良かったため、渋々このお願いを引き受けるお響。「まことに良い乳首だ」感慨深げにうなずく侍は、筆を使って乳房に墨を塗り始めた。筆がコニョコニョと突起の周囲を這う。くすぐったさと快感でお響はたまらず淫声をあげた。そして乳首はたちまち硬くなって……。

「深川みだら宵(スコラマガジン)」の作品情報

レーベル
――
出版社
スコラマガジン
ジャンル
文芸・小説 官能 官能小説
ページ数
39ページ (深川みだら宵)
配信開始日
2021年1月22日 (深川みだら宵)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad