電子書籍 「ベースの指テクなめんなよ?」バンド仲間の彼女を寝取ってスラップ手○ン【フルカラー】(カゲキヤコミック) アダルトマンガ

著者: 風雲だいき 

まずは、無料で試し読み

試し読み

12ページ読める

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

「ベースの指テクなめんなよ?」バンド仲間の彼女を寝取ってスラップ手○ン【フルカラー】(1) あらすじ・内容

「私このままだと…彼氏以外の人とエッチしちゃう…!」―――バンドのギター担当・ズカと交際しているあもは、ライブの打ち上げに参加していた。宅飲みになだれ込み皆が寝静まった頃、あもは背後に人の気配を感じる。「こんなところで…だめ…っ」周りをはばからず乳首を弄られ声を抑えるあも。もう限界だと振り返ると、彼氏だと思っていた相手はベース担当のタイジで…!女トラブルを嫌うズカを気にして大声で拒否できないあもは、びしょびしょになったアソコを掻き回される。「私…そんなにエッチじゃないです…」気持ちでは拒絶していても身体は正直に反応してしまい…「ここ挿入れたら気持ちいいんだろうなー」と固いモノをあてがわれ…!

この作品を共有
  

「「ベースの指テクなめんなよ?」バンド仲間の彼女を寝取ってスラップ手○ン【フルカラー】(カゲキヤコミック)」最新刊

「私このままだと…彼氏以外の人とエッチしちゃう…!」―――バンドのギター担当・ズカと交際しているあもは、ライブの打ち上げに参加していた。宅飲みになだれ込み皆が寝静まった頃、あもは背後に人の気配を感じる。「こんなところで…だめ…っ」周りをはばからず乳首を弄られ声を抑えるあも。もう限界だと振り返ると、彼氏だと思っていた相手はベース担当のタイジで…!女トラブルを嫌うズカを気にして大声で拒否できないあもは、びしょびしょになったアソコを掻き回される。「私…そんなにエッチじゃないです…」気持ちでは拒絶していても身体は正直に反応してしまい…「ここ挿入れたら気持ちいいんだろうなー」と固いモノをあてがわれ…!

「「ベースの指テクなめんなよ?」バンド仲間の彼女を寝取ってスラップ手○ン【フルカラー】(カゲキヤコミック)」作品一覧

(2冊)

各330(税込)

まとめてカート

「私このままだと…彼氏以外の人とエッチしちゃう…!」―――バンドのギター担当・ズカと交際しているあもは、ライブの打ち上げに参加していた。宅飲みになだれ込み皆が寝静まった頃、あもは背後に人の気配を感じる。「こんなところで…だめ…っ」周りをはばからず乳首を弄られ声を抑えるあも。もう限界だと振り返ると、彼氏だと思っていた相手はベース担当のタイジで…!女トラブルを嫌うズカを気にして大声で拒否できないあもは、びしょびしょになったアソコを掻き回される。「私…そんなにエッチじゃないです…」気持ちでは拒絶していても身体は正直に反応してしまい…「ここ挿入れたら気持ちいいんだろうなー」と固いモノをあてがわれ…!

「私このままだと…彼氏以外の人とエッチしちゃう…!」―――バンドのギター担当・ズカと交際しているあもは、ライブの打ち上げに参加していた。宅飲みになだれ込み皆が寝静まった頃、あもは背後に人の気配を感じる。「こんなところで…だめ…っ」周りをはばからず乳首を弄られ声を抑えるあも。もう限界だと振り返ると、彼氏だと思っていた相手はベース担当のタイジで…!女トラブルを嫌うズカを気にして大声で拒否できないあもは、びしょびしょになったアソコを掻き回される。「私…そんなにエッチじゃないです…」気持ちでは拒絶していても身体は正直に反応してしまい…「ここ挿入れたら気持ちいいんだろうなー」と固いモノをあてがわれ…!

「「ベースの指テクなめんなよ?」バンド仲間の彼女を寝取ってスラップ手○ン【フルカラー】(カゲキヤコミック)」の作品情報

レーベル
カゲキヤコミック
出版社
カゲキヤ出版
ジャンル
アダルトマンガ おとなマンガ 男性向け 恋愛 官能 ラブコメディ
ページ数
28ページ (「ベースの指テクなめんなよ?」バンド仲間の彼女を寝取ってスラップ手○ン【フルカラー】(1))
配信開始日
2020年12月18日 (「ベースの指テクなめんなよ?」バンド仲間の彼女を寝取ってスラップ手○ン【フルカラー】(1))
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad