電子書籍 昭和ノスタルジー 文芸・小説

著者: 濠門長恭 

まずは、無料で試し読み

試し読み

37ページ読める

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

未通海女哭虐(後編) あらすじ・内容

両親を亡くした久美子は、島の権力者である伯母に引き取られるが、かつて久美子の母親に恋人を寝取られた(という噂になっている)伯母は、久美子を徹底的に虐待する。戦前の風習を持ち出して、見習海女は日常生活も全裸。縄や鞭の折檻も日常茶飯事。性的虐待に耐える久美子を淫乱娘ときめつけて娘小屋に隔離し、男どもに夜這いをけしかける。

両親を亡くした白石久美子は、島にある本家の網元に引き取られる。しかし、伯母はかつて妹(久美子の母)に恋人を寝取られたという。母の身代わりとして、久美子は徹底的に虐待される。自分の食い扶持は自分で稼げと、休学しての海女稼ぎを強いられる。戦前に廃れている風習を蒸し返されて、見習い期間中は常に全裸で暮らさなければならず、わずかな落ち度を口実に残虐な折檻を加えられる。入り婿の伯父は伯母に逆らえず、それどころか海女鑑札の代償に久美子の処女を奪う。従兄も両親を見習って久美子を犯そうとする。伯母は息子をたしなめるどころか、「前」では父親と兄弟になってしまうからと、「後」をけしかける始末。
食事にも事欠き、街へ使いに出されれば、パン屋の主人から菓子パンと引き換えに身体を弄られる。拒めば伯母に(真逆の事柄を)告げ口されて折檻を受けるのが怖くて、逆らえない。
性的虐待に耐える久美子は「母親と同じ淫乱娘」ときめつけられ、屋敷から追い出されて『娘宿』で暮らすことになった。とっくに廃れてガラクタ倉庫になっている小屋で暮らす久美子の許には、網元の女将である伯母にそそのかされた男どもが連夜の夜這いをかける……

本文約8万9千文字、原稿用紙換算271枚です。

この作品を共有

「昭和ノスタルジー」最新刊

両親を亡くした白石久美子は、島にある本家の網元に引き取られる。しかし、伯母はかつて妹(久美子の母)に恋人を寝取られたという。母の身代わりとして、久美子は徹底的に虐待される。自分の食い扶持は自分で稼げと、休学しての海女稼ぎを強いられる。
戦前に廃れている風習を蒸し返されて、見習い期間中は常に全裸で暮らさなければならず、わずかな落ち度を口実に残虐な折檻を加えられる。入り婿の伯父は伯母に逆らえず、それどころか海女鑑札の代償に久美子の処女を奪う。従兄も両親を見習って久美子を犯そうとする。伯母は息子をたしなめるどころか、「前」では父親と兄弟になってしまうからと、「後」をけしかける始末。
食事にも事欠き、街へ使いに出されれば、パン屋の主人から菓子パンと引き換えに身体を弄られる。拒めば伯母に(真逆の事柄を)告げ口されて折檻を受けるのが怖くて、逆らえない。
性的虐待に耐える久美子は「母親と同じ淫乱娘」ときめつけられ、屋敷から追い出されて『娘宿』で暮らすことになった。とっくに廃れてガラクタ倉庫になっている小屋で暮らす久美子の許には、網元の女将である伯母にそそのかされた男どもが連夜の夜這いをかける……

本文約8万9千文字、原稿用紙換算271枚です。

「昭和ノスタルジー」作品一覧

(2冊)

各440(税込)

まとめてカート

両親を亡くした白石久美子は、島にある本家の網元に引き取られる。しかし、伯母はかつて妹(久美子の母)に恋人を寝取られたという。母の身代わりとして、久美子は徹底的に虐待される。自分の食い扶持は自分で稼げと、休学しての海女稼ぎを強いられる。戦前に廃れている風習を蒸し返されて、見習い期間中は常に全裸で暮らさなければならず、わずかな落ち度を口実に残虐な折檻を加えられる。入り婿の伯父は伯母に逆らえず、それどころか海女鑑札の代償に久美子の処女を奪う。従兄も両親を見習って久美子を犯そうとする。伯母は息子をたしなめるどころか、「前」では父親と兄弟になってしまうからと、「後」をけしかける始末。
食事にも事欠き、街へ使いに出されれば、パン屋の主人から菓子パンと引き換えに身体を弄られる。拒めば伯母に(真逆の事柄を)告げ口されて折檻を受けるのが怖くて、逆らえない。
性的虐待に耐える久美子は「母親と同じ淫乱娘」ときめつけられ、屋敷から追い出されて『娘宿』で暮らすことになった。とっくに廃れてガラクタ倉庫になっている小屋で暮らす久美子の許には、網元の女将である伯母にそそのかされた男どもが連夜の夜這いをかける……

本文約8万9千文字、原稿用紙換算271枚です。

両親を亡くした白石久美子は、島にある本家の網元に引き取られる。しかし、伯母はかつて妹(久美子の母)に恋人を寝取られたという。母の身代わりとして、久美子は徹底的に虐待される。自分の食い扶持は自分で稼げと、休学しての海女稼ぎを強いられる。
戦前に廃れている風習を蒸し返されて、見習い期間中は常に全裸で暮らさなければならず、わずかな落ち度を口実に残虐な折檻を加えられる。入り婿の伯父は伯母に逆らえず、それどころか海女鑑札の代償に久美子の処女を奪う。従兄も両親を見習って久美子を犯そうとする。伯母は息子をたしなめるどころか、「前」では父親と兄弟になってしまうからと、「後」をけしかける始末。
食事にも事欠き、街へ使いに出されれば、パン屋の主人から菓子パンと引き換えに身体を弄られる。拒めば伯母に(真逆の事柄を)告げ口されて折檻を受けるのが怖くて、逆らえない。
性的虐待に耐える久美子は「母親と同じ淫乱娘」ときめつけられ、屋敷から追い出されて『娘宿』で暮らすことになった。とっくに廃れてガラクタ倉庫になっている小屋で暮らす久美子の許には、網元の女将である伯母にそそのかされた男どもが連夜の夜這いをかける……

本文約8万9千文字、原稿用紙換算271枚です。

「昭和ノスタルジー」の作品情報

レーベル
SMX工房
出版社
SMX工房
ジャンル
文芸・小説 官能小説 ダイレクト出版 同人誌・個人出版
ページ数
185ページ (未通海女哭虐(後編))
配信開始日
2020年11月18日 (未通海女哭虐(後編))
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad