電子書籍 先輩、ごめんなさい。アナルが好きで…(PRESTIGE COMIC) アダルトマンガ

著者: 探検はらはら 

まずは、無料で試し読み

試し読み

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

先輩、ごめんなさい。アナルが好きで… あらすじ・内容

「わたし、本当はすごくいやらしくて…お尻も自分でいじってるいけない子なんですっ…」
照れながらも発情した雌の香りを漂わせる秘所を自ら広げて見せる彼女。
少女の秘裂から溢れた愛液は太ももまで垂れており、尻穴はなにかを求めるようにひくついていた…。

はじめて好きになった子は、楽そうだからという理由で入部した文芸部の後輩で、緊張して照れてる顔があまりにも可愛い女の子だった。
仲良くなり、絵本展にデートに行くことになったのだが、手を繋ぐだけでは物足りず、もっと距離を縮めたいと思った俺は彼女の腰に手かけ……触れた瞬間、驚いた彼女に手を払われてしまった。
帰り道、俺は彼女に謝罪し、自分の気持ちを告白した。
彼女の返事は「ごめんなさい…。」
やっぱりだめか…そう思った矢先、彼女の口から予想外の言葉が出てきたのだった。

この作品を共有

「先輩、ごめんなさい。アナルが好きで…(PRESTIGE COMIC)」最新刊

「わたし、本当はすごくいやらしくて…お尻も自分でいじってるいけない子なんですっ…」
照れながらも発情した雌の香りを漂わせる秘所を自ら広げて見せる彼女。
少女の秘裂から溢れた愛液は太ももまで垂れており、尻穴はなにかを求めるようにひくついていた…。

はじめて好きになった子は、楽そうだからという理由で入部した文芸部の後輩で、緊張して照れてる顔があまりにも可愛い女の子だった。
仲良くなり、絵本展にデートに行くことになったのだが、手を繋ぐだけでは物足りず、もっと距離を縮めたいと思った俺は彼女の腰に手かけ……触れた瞬間、驚いた彼女に手を払われてしまった。
帰り道、俺は彼女に謝罪し、自分の気持ちを告白した。
彼女の返事は「ごめんなさい…。」
やっぱりだめか…そう思った矢先、彼女の口から予想外の言葉が出てきたのだった。

「先輩、ごめんなさい。アナルが好きで…(PRESTIGE COMIC)」の作品情報

レーベル
PRESTIGE COMIC
出版社
プレステージ出版
ジャンル
アダルトマンガ おとなマンガ 男性向け 官能
ページ数
29ページ (先輩、ごめんなさい。アナルが好きで…)
配信開始日
2020年11月13日 (先輩、ごめんなさい。アナルが好きで…)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad