電子書籍 艶討ち始末人(竹書房ラブロマン文庫) 文芸・小説

著: 八神淳一 

まずは、無料で試し読み

試し読み

14ページ読める

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

艶討ち始末人 あらすじ・内容

内容紹介
徳川将軍家治の時代、江戸の町に“始末人”と呼ばれる暗殺稼業の者たちがいた。
下っ引きの弥吉は偶然、憧れの娘・佐奈の正体が女始末人の彩芽だと知ってしまい、稼業を手伝うはめになる。
だが彩芽には、標的が悪人でない時は今生の思い出に自分を抱かせ、さらに始末を終えると火照る躰で男を求めてしまう、淫らな性癖があった…!
必殺の鍼を振るいながらも、みずみずしい肉体を男に与えて嬌声をあげる彩芽。寺子屋で学問を教える可憐な佐奈。二つの顔を持つ女始末人に惹かれる弥吉だったが、ある始末で彩芽が標的に囚われ、淫らに責められることになってしまい!?
巨匠が描く時代官能エンターテインメント!

この作品を共有

「艶討ち始末人(竹書房ラブロマン文庫)」最新刊

内容紹介
徳川将軍家治の時代、江戸の町に“始末人”と呼ばれる暗殺稼業の者たちがいた。
下っ引きの弥吉は偶然、憧れの娘・佐奈の正体が女始末人の彩芽だと知ってしまい、稼業を手伝うはめになる。
だが彩芽には、標的が悪人でない時は今生の思い出に自分を抱かせ、さらに始末を終えると火照る躰で男を求めてしまう、淫らな性癖があった…!
必殺の鍼を振るいながらも、みずみずしい肉体を男に与えて嬌声をあげる彩芽。寺子屋で学問を教える可憐な佐奈。二つの顔を持つ女始末人に惹かれる弥吉だったが、ある始末で彩芽が標的に囚われ、淫らに責められることになってしまい!?
巨匠が描く時代官能エンターテインメント!

「艶討ち始末人(竹書房ラブロマン文庫)」の作品情報

レーベル
竹書房ラブロマン文庫
出版社
竹書房
ジャンル
文芸・小説 官能小説 官能
ページ数
239ページ (艶討ち始末人)
配信開始日
2020年10月12日 (艶討ち始末人)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad