電子書籍 濡れた懐紙(スコラマガジン) 文芸・小説

著: 沢井涼 

まずは、無料で試し読み

試し読み

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

濡れた懐紙 あらすじ・内容

時は文政八年。江戸屋敷に勤める八幡左之介は、仕事終わりに足しげく通う場所があった。東両国の広小路である。ここには掘っ立て小屋や露店が並んでおり、妖しげな演し物も数多く見受けられるのだが、その中で剣戟を見せ物としている二十歳そこそこの女がいた。ふっくらとした頬と濡れたような唇が、妙な色気を醸し出し、さらにはいざ刀を振りながら踊り始めると、着物の裾から白い太腿がチラチラと覗き見えるのだった。すっかり彼女の虜となってしまった左之介。だが数日後、娘は忽然と姿を消してしまい……。

この作品を共有

「濡れた懐紙(スコラマガジン)」最新刊

時は文政八年。江戸屋敷に勤める八幡左之介は、仕事終わりに足しげく通う場所があった。東両国の広小路である。ここには掘っ立て小屋や露店が並んでおり、妖しげな演し物も数多く見受けられるのだが、その中で剣戟を見せ物としている二十歳そこそこの女がいた。ふっくらとした頬と濡れたような唇が、妙な色気を醸し出し、さらにはいざ刀を振りながら踊り始めると、着物の裾から白い太腿がチラチラと覗き見えるのだった。すっかり彼女の虜となってしまった左之介。だが数日後、娘は忽然と姿を消してしまい……。

「濡れた懐紙(スコラマガジン)」の作品情報

レーベル
――
出版社
スコラマガジン
ジャンル
文芸・小説 官能 官能小説
ページ数
49ページ (濡れた懐紙)
配信開始日
2020年10月9日 (濡れた懐紙)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad