電子書籍 色欲の家 義姉と父と僕(竹書房文庫) 文芸・小説

著: 霧原一輝 

まずは、無料で試し読み

試し読み

13ページ読める

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

色欲の家 義姉と父と僕 あらすじ・内容

内容紹介
◎「恥ずかしい私を見てほしいの…」
◎夫以外の家族と…兄嫁から漏れだす淫らな本性!

大学生の堂園靖彦は同居する兄嫁の沙弥に惹かれており、いけないと思いつつも兄夫婦の夜の営みを覗いて自慰に耽ってしまう。
一方、沙弥も靖彦の覗きに気付くが、義弟を憎からず思っていた彼女は、その熱い視線に高ぶり、夫とのセックスを大胆に見せつけてしまうのであった。
そんなある日、兄の浮気が発覚。傷心の沙弥を靖彦が慰めるうちに、二人は禁断の一線を越えてしまう。
以来、兄夫婦は家庭内別居状態になり、靖彦は隙を見て沙弥と交わるが、そんな二人の行為を父・達生が覗き見していて…⁉
ひとつ屋根の下で背徳の三角関係…淫欲の虜となる一家を描いた禁断ロマンの新傑作。

この作品を共有

「色欲の家 義姉と父と僕(竹書房文庫)」最新刊

内容紹介
◎「恥ずかしい私を見てほしいの…」
◎夫以外の家族と…兄嫁から漏れだす淫らな本性!

大学生の堂園靖彦は同居する兄嫁の沙弥に惹かれており、いけないと思いつつも兄夫婦の夜の営みを覗いて自慰に耽ってしまう。
一方、沙弥も靖彦の覗きに気付くが、義弟を憎からず思っていた彼女は、その熱い視線に高ぶり、夫とのセックスを大胆に見せつけてしまうのであった。
そんなある日、兄の浮気が発覚。傷心の沙弥を靖彦が慰めるうちに、二人は禁断の一線を越えてしまう。
以来、兄夫婦は家庭内別居状態になり、靖彦は隙を見て沙弥と交わるが、そんな二人の行為を父・達生が覗き見していて…⁉
ひとつ屋根の下で背徳の三角関係…淫欲の虜となる一家を描いた禁断ロマンの新傑作。

「色欲の家 義姉と父と僕(竹書房文庫)」の作品情報

レーベル
竹書房文庫
出版社
竹書房
ジャンル
文芸・小説 官能 官能小説
ページ数
227ページ (色欲の家 義姉と父と僕)
配信開始日
2020年8月28日 (色欲の家 義姉と父と僕)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad