電子書籍 「オタサーの姫は私なんだから!」童貞を操りライバルの女部員を凌辱してみた【フルカラー】(カゲキヤコミック) アダルトマンガ

著者: なみぽん 

まずは、無料で試し読み

試し読み

11ページ読める

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

「オタサーの姫は私なんだから!」童貞を操りライバルの女部員を凌辱してみた【フルカラー】 あらすじ・内容

「みんな止めて…」男たちは詠美を押さえつけ、力任せに脚を広げる。剥き出しになったアソコは、熱い視線を感じてか、ひくひくと反応してしまう。「これが生マ●コかぁ…超エロい…」ズボンを下ろしはじめる男たち。「お願い、こんなこと…」懇願する詠美だが、押さえつける力は緩まない。「同人誌の参考資料になるって志願したのはそっちでしょ? 泣いたって止めないよ」――私は瑠璃、漫研の新入部員。なんでこのサークルに入ったかというと…チヤホヤされたいからw オタクは女ってだけですぐ惚れるでしょ。でも、漫研には邪魔者がいたの。それが詠美…巨乳で男たちに媚びてる女。私が一番モテるため、必ず詠美を漫研から追い出してやるわ…

この作品を共有
  

「「オタサーの姫は私なんだから!」童貞を操りライバルの女部員を凌辱してみた【フルカラー】(カゲキヤコミック)」最新刊

「みんな止めて…」男たちは詠美を押さえつけ、力任せに脚を広げる。剥き出しになったアソコは、熱い視線を感じてか、ひくひくと反応してしまう。「これが生マ●コかぁ…超エロい…」ズボンを下ろしはじめる男たち。「お願い、こんなこと…」懇願する詠美だが、押さえつける力は緩まない。「同人誌の参考資料になるって志願したのはそっちでしょ? 泣いたって止めないよ」――私は瑠璃、漫研の新入部員。なんでこのサークルに入ったかというと…チヤホヤされたいからw オタクは女ってだけですぐ惚れるでしょ。でも、漫研には邪魔者がいたの。それが詠美…巨乳で男たちに媚びてる女。私が一番モテるため、必ず詠美を漫研から追い出してやるわ…

「「オタサーの姫は私なんだから!」童貞を操りライバルの女部員を凌辱してみた【フルカラー】(カゲキヤコミック)」の作品情報

レーベル
カゲキヤコミック
出版社
カゲキヤ出版
ジャンル
アダルトマンガ 男性向け おとなマンガ 官能 サスペンス
ページ数
51ページ (「オタサーの姫は私なんだから!」童貞を操りライバルの女部員を凌辱してみた【フルカラー】)
配信開始日
2020年8月12日 (「オタサーの姫は私なんだから!」童貞を操りライバルの女部員を凌辱してみた【フルカラー】)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad