電子書籍 人妻手記 ひと夏の誘惑……汗だくになって夢中で求めた秘蜜の快感体験(竹書房文庫) 文芸・小説

編: 愛の体験編集部編 

まずは、無料で試し読み

試し読み

20ページ読める

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

人妻手記 ひと夏の誘惑……汗だくになって夢中で求めた秘蜜の快感体験 あらすじ・内容

内容紹介
日差し照りつける暑さの季節
体の火照りに、秘蜜もとろけ……
蕩けきった理性に旦那を忘れて、
人妻たちは究極の絶頂体験に身を震わす――

「ああっ、も、もうダメ……ガマンできない! ねえ、入れて、この硬くてぶっといオチ○ポ、アタシのぐちゅぐちゅのオマ○コの、奥の奥までぶち込んでぇっ!」
「はぁ、はぁ、はぁ……ああ、言われなくたってぶち込みますよ! 僕のすごいので、気絶するまで突きまくってあげますよ~っ!」
ぬぶぬぶぬぶ……と、彼のモノがアタシの乱れた肉裂を割って入り込んできました。そして、ケダモノのように荒々しく、レスラーのように力強くピストンを打ち込んできて……!
彼は底知れないスタミナと絶妙の接合テクニックでアタシを責め続け、実に三十分以上に渡って快感を注ぎ込んでくれて、アタシはその間に四~五回はイってしまったのではないでしょうか。
そして最後、最大のオーガズムに喘ぐアタシの顔面に、彼が大量のザーメンを浴びせかけて、最高の逢瀬の時間は終わりを告げました。
「ひっ、ああ、んあっ、あっ、んうぅ……ふあっ、あ、し……死ぬぅ!」

この作品を共有

「人妻手記 ひと夏の誘惑……汗だくになって夢中で求めた秘蜜の快感体験(竹書房文庫)」最新刊

内容紹介
日差し照りつける暑さの季節
体の火照りに、秘蜜もとろけ……
蕩けきった理性に旦那を忘れて、
人妻たちは究極の絶頂体験に身を震わす――

「ああっ、も、もうダメ……ガマンできない! ねえ、入れて、この硬くてぶっといオチ○ポ、アタシのぐちゅぐちゅのオマ○コの、奥の奥までぶち込んでぇっ!」
「はぁ、はぁ、はぁ……ああ、言われなくたってぶち込みますよ! 僕のすごいので、気絶するまで突きまくってあげますよ~っ!」
ぬぶぬぶぬぶ……と、彼のモノがアタシの乱れた肉裂を割って入り込んできました。そして、ケダモノのように荒々しく、レスラーのように力強くピストンを打ち込んできて……!
彼は底知れないスタミナと絶妙の接合テクニックでアタシを責め続け、実に三十分以上に渡って快感を注ぎ込んでくれて、アタシはその間に四~五回はイってしまったのではないでしょうか。
そして最後、最大のオーガズムに喘ぐアタシの顔面に、彼が大量のザーメンを浴びせかけて、最高の逢瀬の時間は終わりを告げました。
「ひっ、ああ、んあっ、あっ、んうぅ……ふあっ、あ、し……死ぬぅ!」

「人妻手記 ひと夏の誘惑……汗だくになって夢中で求めた秘蜜の快感体験(竹書房文庫)」の作品情報

レーベル
竹書房文庫
出版社
竹書房
ジャンル
文芸・小説 官能 官能小説
ページ数
208ページ (人妻手記 ひと夏の誘惑……汗だくになって夢中で求めた秘蜜の快感体験)
配信開始日
2020年7月20日 (人妻手記 ひと夏の誘惑……汗だくになって夢中で求めた秘蜜の快感体験)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad