電子書籍 曼陀羅(祥伝社文庫) 文芸・小説

著者: 睦月影郎 

まずは、無料で試し読み

試し読み

13ページ読める

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

おんな曼陀羅 あらすじ・内容

「今宵は私がお手ほどきをしてよろしゅうございますか」素破(忍者)の女頭領・夕月の言葉に、十七歳の結城玄馬の体は緊張でふるえた。御典医見習いとして藩主の娘・咲耶(さくや)姫の触診を命じられたものの、女体知らずの童貞ゆえ途方に暮れていたのだった。目の前で帯を解く熟れた肌の夕月……。さらに、美貌の処女も、玄馬のために体を開いた。むせるような女体の「淫気」を吸って、成長してゆく玄馬。みだらな感動に満ちた、睦月時代官能の真骨頂!

この作品を共有

「曼陀羅(祥伝社文庫)」最新刊

「生身(なまみ)の女のほうが、ずっといいんだよ」春画の摺物屋(すりものや)で働く十七歳の藤介は、未亡人となった美貌の女将(おかみ)にいきなり迫られ、頭のなかが空っぽになった。まして、手すさび(手淫)の現場を見られた矢先のことだ。憧れていたとはいえ、大恩ある亡き主人の妻である。だが、いまだ女体に触れたことのない藤介は、滾(たぎ)り立つ欲望に抗しきれず……。大人気の睦月時代官能、とろける絶頂作!

「曼陀羅(祥伝社文庫)」作品一覧

(3冊)

各495(税込)

まとめてカート

「今宵は私がお手ほどきをしてよろしゅうございますか」素破(忍者)の女頭領・夕月の言葉に、十七歳の結城玄馬の体は緊張でふるえた。御典医見習いとして藩主の娘・咲耶(さくや)姫の触診を命じられたものの、女体知らずの童貞ゆえ途方に暮れていたのだった。目の前で帯を解く熟れた肌の夕月……。さらに、美貌の処女も、玄馬のために体を開いた。むせるような女体の「淫気」を吸って、成長してゆく玄馬。みだらな感動に満ちた、睦月時代官能の真骨頂!

衣擦れの音とともに、藩主の正室の白い肌がみるみる露わになった。十七歳の若き藩医である結城玄馬は、その透けるような裸身に息を呑んだ。だが、これは健康状態を知るための大切な見立て(診断)なのだ。そう言い聞かせ心の臓に耳を当てると、玄馬はいきなりその胸に抱きすくめられた……。もはや打ち首覚悟で、玄馬は奥方のたわわな胸乳(むなぢ)に指を這わせていった……。危険で甘美な悦楽の極致に身を任す、睦月時代官能の興奮作!

「生身(なまみ)の女のほうが、ずっといいんだよ」春画の摺物屋(すりものや)で働く十七歳の藤介は、未亡人となった美貌の女将(おかみ)にいきなり迫られ、頭のなかが空っぽになった。まして、手すさび(手淫)の現場を見られた矢先のことだ。憧れていたとはいえ、大恩ある亡き主人の妻である。だが、いまだ女体に触れたことのない藤介は、滾(たぎ)り立つ欲望に抗しきれず……。大人気の睦月時代官能、とろける絶頂作!

「曼陀羅(祥伝社文庫)」の作品情報

レーベル
祥伝社文庫
出版社
祥伝社
ジャンル
文芸・小説 日本文学 官能小説 官能 時代小説 歴史
ページ数
221ページ (おんな曼陀羅)
配信開始日
2014年10月17日 (おんな曼陀羅)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad