電子書籍 明治爛熟えろす<新装版>(徳間文庫) 文芸・小説

完結
著者: 睦月影郎 

まずは、無料で試し読み

試し読み

23ページ読める

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

明治爛熟えろす一 指かみながら<新装版> あらすじ・内容

「書によれば、西洋ではお嬢様の気が昂ぶると、下僕が秘所を舐めて鎮めるとか」
克利の嘘八百に、令嬢は予想以上に激しく反応した。
「私でよければ何でもいたします」と、彼は令嬢の花園に…。
明治三十六年の帝都。
人力俥夫の克利十八歳は、あるときは美女を俥にあるときは股間に乗せる日々だったが…。
折しも路面電車の開通が迫ってきた。

この作品を共有

「明治爛熟えろす<新装版>(徳間文庫)」最新刊

ずんずんずんと突き上げた英二は、お嬢様女学生が口を離してしまわぬよう無言で発射した。
「ひどいわっ。飲んじゃった」慌てて口を離しながら愛くるしい女学生は言った…。
夫や許婚だけでは満たされませぬ、足りませぬ。
残り少ない新時代明治。
柔肌の熱き血潮をたぎらせる人妻が娘が求めたのは、大学生英二の淫情満々股間だった…。
明治爛熟えろす書下し。

「明治爛熟えろす<新装版>(徳間文庫)」作品一覧

(3冊)

各550(税込)

まとめてカート

「書によれば、西洋ではお嬢様の気が昂ぶると、下僕が秘所を舐めて鎮めるとか」
克利の嘘八百に、令嬢は予想以上に激しく反応した。
「私でよければ何でもいたします」と、彼は令嬢の花園に…。
明治三十六年の帝都。
人力俥夫の克利十八歳は、あるときは美女を俥にあるときは股間に乗せる日々だったが…。
折しも路面電車の開通が迫ってきた。

「私、すごく激しいの。いじめるかもしれないけどいい?」
母親が情夫と心中したという部屋で魔性の女・澄子は征郎を貪り始めた。
そして母が取り憑いたように上からズンズンと…
日露戦争終盤の明治三十八年。
ブリキ玩具の職人・征郎十八歳は、なんと十代から四十代まで各年代の女といたす幸運を。
青い果実から熟すまで、お味は一体どう変わる―。

ずんずんずんと突き上げた英二は、お嬢様女学生が口を離してしまわぬよう無言で発射した。
「ひどいわっ。飲んじゃった」慌てて口を離しながら愛くるしい女学生は言った…。
夫や許婚だけでは満たされませぬ、足りませぬ。
残り少ない新時代明治。
柔肌の熱き血潮をたぎらせる人妻が娘が求めたのは、大学生英二の淫情満々股間だった…。
明治爛熟えろす書下し。

「明治爛熟えろす<新装版>(徳間文庫)」の作品情報

レーベル
徳間文庫
出版社
徳間書店
ジャンル
文芸・小説 官能 官能小説 完結
ページ数
235ページ (明治爛熟えろす一 指かみながら<新装版>)
配信開始日
2020年7月10日 (明治爛熟えろす一 指かみながら<新装版>)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad