電子書籍 明治官能クライマックス<新装版>(徳間文庫) 文芸・小説

著者: 睦月影郎 

まずは、無料で試し読み

試し読み

23ページ読める

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

明治官能クライマックス一 とろけそめし<新装版> あらすじ・内容

「さあ早く脱げ」
女編集長に促され、登志男は震えながら生まれたままの姿になった。
「あん、大きいけど綺麗な色」突然彼女は女言葉になり、彼の無垢棒をちろちろと…
時は明治四十二年。生身の女に開眼した見習い記者登志男の肉弾取材が始まった。
そして出会った清らかな歌姫は、
「他の女としたら許さないから」。
じつは恐ろしい深情けの女で…。
たそがれゆく明治。最終シリーズ開始。

この作品を共有

「明治官能クライマックス<新装版>(徳間文庫)」最新刊

「もし…」
新太郎は女の声で目覚めた。
黒髪を乱した白衣のその女は、彼の分身にねっとりと舌を…
明治四十五年、一高入学のため上京した新太郎は、
情死した静香という凄艶な女の霊に男の初物を奪われた。
以来、霊が乗り移ったかのように到来した女運。
そんなさなか、静香が告げたのだ。
明日大変なことが起こると。
七月二十九日夜、御代の終わりが迫っていた…。
明治官能、最終話。

「明治官能クライマックス<新装版>(徳間文庫)」作品一覧

(3冊)

各550(税込)

まとめてカート

「さあ早く脱げ」
女編集長に促され、登志男は震えながら生まれたままの姿になった。
「あん、大きいけど綺麗な色」突然彼女は女言葉になり、彼の無垢棒をちろちろと…
時は明治四十二年。生身の女に開眼した見習い記者登志男の肉弾取材が始まった。
そして出会った清らかな歌姫は、
「他の女としたら許さないから」。
じつは恐ろしい深情けの女で…。
たそがれゆく明治。最終シリーズ開始。

「ああ、もっと強く噛んで」
宗平に花園の突起を噛ませながら百合子は喘いだ。
その尻には亡夫につけられた痣が散っている…
明治も暮れゆく四十四年。
十八歳の宗平が働く喫茶店の常連客百合子は霊能者であった。
異能の美女は閨でもまた妖しく、加虐と被虐で若棒を翻弄する。
やがて彼女の千里眼が見通した、宗平が東で出会う運命の人とは?
少年の異国への未来が開けようとしていた。
明治官能クライマックス、書下し。

「もし…」
新太郎は女の声で目覚めた。
黒髪を乱した白衣のその女は、彼の分身にねっとりと舌を…
明治四十五年、一高入学のため上京した新太郎は、
情死した静香という凄艶な女の霊に男の初物を奪われた。
以来、霊が乗り移ったかのように到来した女運。
そんなさなか、静香が告げたのだ。
明日大変なことが起こると。
七月二十九日夜、御代の終わりが迫っていた…。
明治官能、最終話。

「明治官能クライマックス<新装版>(徳間文庫)」の作品情報

レーベル
徳間文庫
出版社
徳間書店
ジャンル
文芸・小説 官能 官能小説
ページ数
237ページ (明治官能クライマックス一 とろけそめし<新装版>)
配信開始日
2020年7月10日 (明治官能クライマックス一 とろけそめし<新装版>)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad