電子書籍 ゲームで知り合ったお姉ちゃんがぼくに気持ちいいことを教えてくれた(BLIC-ERO) アダルトマンガ

著: んほぉ痴態 

まずは、無料で試し読み

試し読み

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

ゲームで知り合ったお姉ちゃんがぼくに気持ちいいことを教えてくれた あらすじ・内容

※本作はんほぉ痴態の個人誌作品の電子書籍版となります。フルカラー【47ページ】

いつもぼくと一緒にスマホのゲームを遊んでくれる友達。
顔も知らないし会ったこともないけどぼくたちは息もぴったりでゲームの中ではお互いに信頼し合ってる感じがする。
ある日、いつものようにチャットで会話をしていたらぼくたちの家が近所だということが分かった。ぼくは思った。
「この人とは実際に会ったらもっと仲良しになれるはず!」
むこうも同じ気持ちだったみたいで、ぼくたちはすぐに直接会う約束をした。
少し不安もあったけどネットで繋がった人と会うなんて大人っぽいしワクワクしていた。
そして約束の日…。待ち合わせ場所に行くと、そこにいたのはちょっと暗そうな雰囲気だけどエッチな身体をしたお姉ちゃんだった…。

この作品を共有
  

「ゲームで知り合ったお姉ちゃんがぼくに気持ちいいことを教えてくれた(BLIC-ERO)」最新刊

※本作はんほぉ痴態の個人誌作品の電子書籍版となります。フルカラー【47ページ】

いつもぼくと一緒にスマホのゲームを遊んでくれる友達。
顔も知らないし会ったこともないけどぼくたちは息もぴったりでゲームの中ではお互いに信頼し合ってる感じがする。
ある日、いつものようにチャットで会話をしていたらぼくたちの家が近所だということが分かった。ぼくは思った。
「この人とは実際に会ったらもっと仲良しになれるはず!」
むこうも同じ気持ちだったみたいで、ぼくたちはすぐに直接会う約束をした。
少し不安もあったけどネットで繋がった人と会うなんて大人っぽいしワクワクしていた。
そして約束の日…。待ち合わせ場所に行くと、そこにいたのはちょっと暗そうな雰囲気だけどエッチな身体をしたお姉ちゃんだった…。

「ゲームで知り合ったお姉ちゃんがぼくに気持ちいいことを教えてくれた(BLIC-ERO)」の作品情報

レーベル
BLIC-ERO
出版社
ブリック出版
ジャンル
アダルトマンガ おとなマンガ 男性向け ラブコメディ 恋愛
ページ数
47ページ (ゲームで知り合ったお姉ちゃんがぼくに気持ちいいことを教えてくれた)
配信開始日
2020年7月3日 (ゲームで知り合ったお姉ちゃんがぼくに気持ちいいことを教えてくれた)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad