電子書籍 とろめきの終着駅(竹書房文庫) 文芸・小説

著: 葉月奏太 

まずは、無料で試し読み

試し読み

22ページ読める

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

とろめきの終着駅 あらすじ・内容

内容紹介
◎最果ての終着駅でとろけあう男と女!
◎心揺さぶる叙情地方エロス

高杉謙治は北海道の僻地にある終着駅で、長年、駅員として働いている。
独身の謙治は、幼なじみで未亡人の小百合に好意を寄せているが、彼女の亡夫は彼の親友であり、想いを告白することは出来なかった。
そんなある日、謙治は駅で具合の悪くなった旅行者の女を介抱する。
彼女は人妻で、結婚生活が上手くいかず、一人旅に出てここまで来たという。
そして彼女を慰めるうち、二人は一夜の関係を持つことに。
以来、わけありの女たちがこの駅を訪れ、謙治ははからずも彼女たちと身体を重ねていくのだった…!

最果ての終着駅でとろけあう男と女、癒しの地方官能ロマン。

この作品を共有

「とろめきの終着駅(竹書房文庫)」最新刊

内容紹介
◎最果ての終着駅でとろけあう男と女!
◎心揺さぶる叙情地方エロス

高杉謙治は北海道の僻地にある終着駅で、長年、駅員として働いている。
独身の謙治は、幼なじみで未亡人の小百合に好意を寄せているが、彼女の亡夫は彼の親友であり、想いを告白することは出来なかった。
そんなある日、謙治は駅で具合の悪くなった旅行者の女を介抱する。
彼女は人妻で、結婚生活が上手くいかず、一人旅に出てここまで来たという。
そして彼女を慰めるうち、二人は一夜の関係を持つことに。
以来、わけありの女たちがこの駅を訪れ、謙治ははからずも彼女たちと身体を重ねていくのだった…!

最果ての終着駅でとろけあう男と女、癒しの地方官能ロマン。

「とろめきの終着駅(竹書房文庫)」の作品情報

レーベル
竹書房文庫
出版社
竹書房
ジャンル
文芸・小説 官能 官能小説
ページ数
226ページ (とろめきの終着駅)
配信開始日
2020年5月18日 (とろめきの終着駅)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad