電子書籍 蜜指の記憶(スコラマガジン) 文芸・小説

著: 桜井真琴 

まずは、無料で試し読み

試し読み

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

蜜指の記憶 あらすじ・内容

叔父の七回忌に出席した22歳の柏木淳也は、喪服姿の叔母・早紀に見とれてしまう。早紀は今年で40歳になるというのに、目鼻立ちや肌は昔から変わらず綺麗で、程よく肉付いたボディも色っぽい。実は4年前に、淳也はこの妖艶な魅力に我慢ならず、“タクシーの車中で彼女の股間を手でまさぐってしまう”という淫靡な過ちを犯していた。今日はそれを謝る意味もあって参加したのだが、またしても早紀の美しさに負けてしまう淳也。気付くと後ろから彼女に抱きついていた。そして、震える手でブラウスの胸元を引き裂いて……。

この作品を共有

「蜜指の記憶(スコラマガジン)」最新刊

叔父の七回忌に出席した22歳の柏木淳也は、喪服姿の叔母・早紀に見とれてしまう。早紀は今年で40歳になるというのに、目鼻立ちや肌は昔から変わらず綺麗で、程よく肉付いたボディも色っぽい。実は4年前に、淳也はこの妖艶な魅力に我慢ならず、“タクシーの車中で彼女の股間を手でまさぐってしまう”という淫靡な過ちを犯していた。今日はそれを謝る意味もあって参加したのだが、またしても早紀の美しさに負けてしまう淳也。気付くと後ろから彼女に抱きついていた。そして、震える手でブラウスの胸元を引き裂いて……。

「蜜指の記憶(スコラマガジン)」の作品情報

レーベル
――
出版社
スコラマガジン
ジャンル
文芸・小説 官能 官能小説
ページ数
48ページ (蜜指の記憶)
配信開始日
2020年5月8日 (蜜指の記憶)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad