電子書籍 憎らしい女(スコラマガジン) 文芸・小説

著: 森奈津子 

まずは、無料で試し読み

試し読み

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

憎らしい女 上 あらすじ・内容

弁護士で恋人の英明にフラれた由華子は、彼から美月と名乗る女性を紹介される。「彼女はマゾでバイセクシャルだから、僕の代わりに楽しめると思うよ」と一方的に押しつけられる形となったが、由華子はあくまで性的にはノーマルであり、そのようなプレイには興味が無かった。しかし実際に会ってみると、彼女の穏やかで優しげな目、十代のように透明感のある肌、そして真性のM気質を感じ取り、徐々に美月をイジメる快感に目覚めていく。「裸になってオナニーしなさい」「かしこまりました、由華子様」こうして、未知なる世界へと踏み込んでしまった由華子は……。

この作品を共有

「憎らしい女(スコラマガジン)」最新刊

マゾでバイセクシャルの女性・美月を相手に、バイブや拘束具を使ってイジメていく由華子。最初はウサ晴らしで始めたプレイだったが、次第に自分も興奮していることに気付く。「例えば、あなたのアナルに変なモノを突っ込んじゃうのはどうかしらね?」「い、いやですっ」期待していた以上に、美月は動揺を露わにした。ローションをたっぷり手に取り、菊の蕾に塗りたくる。由華子の指が一気に美月のアヌスを貫いた。「あーっ! はぁんっ……」悲鳴と媚びるような喘ぎが部屋中に響き、それが由華子の股間をも濡らしていき……。

「憎らしい女(スコラマガジン)」作品一覧

(3冊)

各110(税込)

まとめてカート

弁護士で恋人の英明にフラれた由華子は、彼から美月と名乗る女性を紹介される。「彼女はマゾでバイセクシャルだから、僕の代わりに楽しめると思うよ」と一方的に押しつけられる形となったが、由華子はあくまで性的にはノーマルであり、そのようなプレイには興味が無かった。しかし実際に会ってみると、彼女の穏やかで優しげな目、十代のように透明感のある肌、そして真性のM気質を感じ取り、徐々に美月をイジメる快感に目覚めていく。「裸になってオナニーしなさい」「かしこまりました、由華子様」こうして、未知なる世界へと踏み込んでしまった由華子は……。

恋人にフラれた由華子は、「別れる代わりに好きにしていいよ」と、マゾでバイセクシャルの女性・美月を紹介される。アブノーマルな世界には興味が無い由華子であったが、腹いせに美月を全裸にし、その場でオナニーを強要する。顔を赤らめながら、次第に恍惚感溢れる表情を見せていく美月。その態度が気に食わない由華子は、さらにイジメをエスカレートさせていくのであった。風呂場に美月を連れて行き、M字開脚の格好で縛り、そのままオシッコを漏らさせて……。

マゾでバイセクシャルの女性・美月を相手に、バイブや拘束具を使ってイジメていく由華子。最初はウサ晴らしで始めたプレイだったが、次第に自分も興奮していることに気付く。「例えば、あなたのアナルに変なモノを突っ込んじゃうのはどうかしらね?」「い、いやですっ」期待していた以上に、美月は動揺を露わにした。ローションをたっぷり手に取り、菊の蕾に塗りたくる。由華子の指が一気に美月のアヌスを貫いた。「あーっ! はぁんっ……」悲鳴と媚びるような喘ぎが部屋中に響き、それが由華子の股間をも濡らしていき……。

「憎らしい女(スコラマガジン)」の作品情報

レーベル
――
出版社
スコラマガジン
ジャンル
文芸・小説 官能 官能小説
ページ数
17ページ (憎らしい女 上)
配信開始日
2020年4月17日 (憎らしい女 上)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad