電子書籍 夢見るレンタル・ドール 文芸・小説

完結
著者: 森奈津子 

まずは、無料で試し読み

試し読み

30ページ読める

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

夢見るレンタル・ドール 色の章<新装版> あらすじ・内容

「愛里、本当に、どんな目にあわされても、いいんだね?」
「ええ」「わたし、雪彦兄様を愛しているもの」
「愛里、ぼくは理由まで訊いてないよ」
スッと冷えた雪彦の声に、たちまち愛里は身を堅くする。
「余計なことは喋るな。イエスかノーか、それだけをこたえればいい。今日からおまえは、ぼくの奴隷なんだからね」
18歳の乙女・愛里の恋人は、10歳年上、従兄の雪彦。
でもその関係は、普通じゃない。愛里は雪彦の奴隷だったのだ。
愛里はさまざまな性癖を持つ雪彦の知人たちに「レンタル」され、性の調教を少しずつ受けていく。
そして雪彦はその代金で、愛里にひとつずつ、
性愛のための道具を買い与えていくのだった……。

「特選小説」に長期連載された、性愛の夢想人・森奈津子の「妄想の集大成」!

この作品を共有

「夢見るレンタル・ドール」最新刊

「愛里、本当に、どんな目にあわされても、いいんだね?」
「ええ」「わたし、雪彦兄様を愛しているもの」
「愛里、ぼくは理由まで訊いてないよ」
スッと冷えた雪彦の声に、たちまち愛里は身を堅くする。
「余計なことは喋るな。イエスかノーか、それだけをこたえればいい。今日からおまえは、ぼくの奴隷なんだからね」
18歳の乙女・愛里の恋人は、10歳年上、従兄の雪彦。
でもその関係は、普通じゃない。愛里は雪彦の奴隷だったのだ。
愛里はさまざまな性癖を持つ雪彦の知人たちに「レンタル」され、性の調教を少しずつ受けていく。
そして雪彦はその代金で、愛里にひとつずつ、
性愛のための道具を買い与えていくのだった……。

「特選小説」に長期連載された、性愛の夢想人・森奈津子の「妄想の集大成」ここに完結!

「夢見るレンタル・ドール」作品一覧

(2冊)

各550(税込)

まとめてカート

「愛里、本当に、どんな目にあわされても、いいんだね?」
「ええ」「わたし、雪彦兄様を愛しているもの」
「愛里、ぼくは理由まで訊いてないよ」
スッと冷えた雪彦の声に、たちまち愛里は身を堅くする。
「余計なことは喋るな。イエスかノーか、それだけをこたえればいい。今日からおまえは、ぼくの奴隷なんだからね」
18歳の乙女・愛里の恋人は、10歳年上、従兄の雪彦。
でもその関係は、普通じゃない。愛里は雪彦の奴隷だったのだ。
愛里はさまざまな性癖を持つ雪彦の知人たちに「レンタル」され、性の調教を少しずつ受けていく。
そして雪彦はその代金で、愛里にひとつずつ、
性愛のための道具を買い与えていくのだった……。

「特選小説」に長期連載された、性愛の夢想人・森奈津子の「妄想の集大成」!

「愛里、本当に、どんな目にあわされても、いいんだね?」
「ええ」「わたし、雪彦兄様を愛しているもの」
「愛里、ぼくは理由まで訊いてないよ」
スッと冷えた雪彦の声に、たちまち愛里は身を堅くする。
「余計なことは喋るな。イエスかノーか、それだけをこたえればいい。今日からおまえは、ぼくの奴隷なんだからね」
18歳の乙女・愛里の恋人は、10歳年上、従兄の雪彦。
でもその関係は、普通じゃない。愛里は雪彦の奴隷だったのだ。
愛里はさまざまな性癖を持つ雪彦の知人たちに「レンタル」され、性の調教を少しずつ受けていく。
そして雪彦はその代金で、愛里にひとつずつ、
性愛のための道具を買い与えていくのだった……。

「特選小説」に長期連載された、性愛の夢想人・森奈津子の「妄想の集大成」ここに完結!

「夢見るレンタル・ドール」の作品情報

レーベル
――
出版社
徳間書店
ジャンル
文芸・小説 官能 官能小説 完結
ページ数
338ページ (夢見るレンタル・ドール 色の章<新装版>)
配信開始日
2020年3月10日 (夢見るレンタル・ドール 色の章<新装版>)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad