電子書籍 官能小説みたいなセックスをアナタと~事実は小説よりも気持ちいい~(快感倶楽部) アダルトマンガ

著: もちだコウ 

まずは、無料で試し読み

試し読み

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

官能小説みたいなセックスをアナタと~事実は小説よりも気持ちいい~ act.1 あらすじ・内容

「Hな声、もっと俺だけに聞かせて」そう言って私の下着を脱がすのは、10歳下の男性で──天城 桃、32歳。売れない官能小説家であり処女であり、人生崖っぷちである。カフェの店員にトキメくが年齢の壁が気になる。こうなったら婚活だ!!と向かった先で何とカフェの店員くんに遭遇!!良い雰囲気になるものの、相手は22歳。このまま立ち去ろうと思ったのに、「この小説の続き、これからどうなるんだっけ?」と身体中を甘く愛撫されて…ハジメテなのにとろとろになっちゃう…!

この作品を共有
  

「官能小説みたいなセックスをアナタと~事実は小説よりも気持ちいい~(快感倶楽部)」作品一覧

(8冊)

各220(税込)

まとめてカート

「Hな声、もっと俺だけに聞かせて」そう言って私の下着を脱がすのは、10歳下の男性で──天城 桃、32歳。売れない官能小説家であり処女であり、人生崖っぷちである。カフェの店員にトキメくが年齢の壁が気になる。こうなったら婚活だ!!と向かった先で何とカフェの店員くんに遭遇!!良い雰囲気になるものの、相手は22歳。このまま立ち去ろうと思ったのに、「この小説の続き、これからどうなるんだっけ?」と身体中を甘く愛撫されて…ハジメテなのにとろとろになっちゃう…!

「Hな声、もっと俺だけに聞かせて」そう言って私の下着を脱がすのは、10歳下の男性で──天城 桃、32歳。売れない官能小説家であり処女であり、人生崖っぷちである。カフェの店員にトキメくが年齢の壁が気になる。こうなったら婚活だ!!と向かった先で何とカフェの店員くんに遭遇!!良い雰囲気になるものの、相手は22歳。このまま立ち去ろうと思ったのに、「この小説の続き、これからどうなるんだっけ?」と身体中を甘く愛撫されて…ハジメテなのにとろとろになっちゃう…!