電子書籍 熟れた蕾(スコラマガジン) 文芸・小説

著: 相原晋 

まずは、無料で試し読み

試し読み

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

熟れた蕾 あらすじ・内容

年号が明治に代わり一ヵ月が経とうとしていた頃。世話になった源右衛門の家に出向いた山田弥四郎は、お茶を出してくれたお澄という少女の存在が気になった。四十代の源右衛門に対し、お澄は間違いなく十代。親子ほど離れた年齢差でありながら、その控えめな親密さは淫靡な男と女の関係を暗示していた。そんな弥四郎の疑問を源右衛門は察し、お澄に用事を言いつけてその場から去らせた後、やおら話し始めた。「お澄は吉原にいたのですが、私がそこから救い出したのです。聞いていただけますか……」

この作品を共有

「熟れた蕾(スコラマガジン)」最新刊

年号が明治に代わり一ヵ月が経とうとしていた頃。世話になった源右衛門の家に出向いた山田弥四郎は、お茶を出してくれたお澄という少女の存在が気になった。四十代の源右衛門に対し、お澄は間違いなく十代。親子ほど離れた年齢差でありながら、その控えめな親密さは淫靡な男と女の関係を暗示していた。そんな弥四郎の疑問を源右衛門は察し、お澄に用事を言いつけてその場から去らせた後、やおら話し始めた。「お澄は吉原にいたのですが、私がそこから救い出したのです。聞いていただけますか……」

「熟れた蕾(スコラマガジン)」の作品情報

レーベル
――
出版社
スコラマガジン
ジャンル
文芸・小説 官能 官能小説
ページ数
45ページ (熟れた蕾)
配信開始日
2020年3月27日 (熟れた蕾)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad