電子書籍 忘れられない蜜の味(スコラマガジン) 文芸・小説

著: 一条きらら 

まずは、無料で試し読み

試し読み

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

忘れられない蜜の味 あらすじ・内容

「あなたの秘密をご主人にバラされたくなければ、300万円ほど用意していただけませんか?」。人妻の倉吉彩花は脅迫されていた。相手は中学時代の同級生である松浦俊也。彩花は結婚する前に少しの間だけコールガールをしていたのだが、その時に偶然、客としてやってきた彼と再会してしまう。彩花が一流企業の副社長夫人となった現在、この淫らな過去は格好のネタとなった。松浦に呼び出されたホテルへ金を届けに行った彩花。「やめて、いやッ、いやッ」部屋に入るなり、待ち構えていた松浦から強引にブラウスを破られ、こぼれ出た真っ白な乳房を鷲掴みにされて……。

この作品を共有

「忘れられない蜜の味(スコラマガジン)」最新刊

「あなたの秘密をご主人にバラされたくなければ、300万円ほど用意していただけませんか?」。人妻の倉吉彩花は脅迫されていた。相手は中学時代の同級生である松浦俊也。彩花は結婚する前に少しの間だけコールガールをしていたのだが、その時に偶然、客としてやってきた彼と再会してしまう。彩花が一流企業の副社長夫人となった現在、この淫らな過去は格好のネタとなった。松浦に呼び出されたホテルへ金を届けに行った彩花。「やめて、いやッ、いやッ」部屋に入るなり、待ち構えていた松浦から強引にブラウスを破られ、こぼれ出た真っ白な乳房を鷲掴みにされて……。

「忘れられない蜜の味(スコラマガジン)」の作品情報

レーベル
――
出版社
スコラマガジン
ジャンル
文芸・小説 官能 官能小説
ページ数
37ページ (忘れられない蜜の味)
配信開始日
2020年3月6日 (忘れられない蜜の味)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad