電子書籍 花と闇 ~団鬼六トリビュート~ 文芸・小説

無料あり
著者: わかつきひかる 

まずは、無料で試し読み

試し読み

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

花と闇 ~団鬼六トリビュート~ 第一話 島原大路 あらすじ・内容

今だけ第一話のみ無料で読める!

ここは京都の色街「島原」。太夫が練り歩くと、絢爛豪華な艶姿に感嘆そして嘆美の声が市井からあがった。その傍らで、数え14になる綾は女衒に手を引かれ、お綾ちゃんもいずれ太夫になるんだよ、との言葉を幼さの残る表情で見送っていた。
娘は売られたのだ。呉服問屋の娘としてなに不自由なく育てられたが、両親の死と残された多額の借金を返す、という定めを背負って。
まるで人の手で造り出されたような眉目よい顔立ちの綾が、覚悟もないまま客という名の見知らぬ男に歯茎をねぶられ、操がズタズタに組み敷かれていくーーー。そしてそれは思いも寄らない男だった……。


【著者プロフィール】
わかつきひかる
2001年にフランス書院ナポレオン大賞受賞して、頭角を現し、主にライトノベルの分野で執筆活動を続ける。07年に幻冬舎アウトロー大賞特別賞受賞、11年に宝島日本官能文庫大賞、岩井志麻子賞を受賞する。14年『ニートな彼とキュートな彼女』が『世にも奇妙な物語2014年春の特別編』に採用される。近著に『おいらん同心捕物控』『クリスティナ戦記 奉仕の姫騎士と国境の商人』『あきんど姫様』など多数。

この作品を共有

「花と闇 ~団鬼六トリビュート~」の無料作品

「花と闇 ~団鬼六トリビュート~」最新刊

「花と闇」ついに最終巻!

数え14にして両親が残した借金のために遊郭へと売られた綾。
女将からの執拗な憎しみの正体は闇に閉ざされていた。しかし綾は、女陰から蜜を吐き出しながら知ることとなる。
そして綾の数奇な出生の闇が紡いだ人間模様の糸は、月日を経て複雑に織り込まれ一本の鞭となり、綾の手足の自由、そして蜘蛛の糸のような希望までをも奪いながら、綾の肢体に限度を超えた痛みを与え続けるのだった。綾の希望とは一体……!?


【著者プロフィール】
わかつきひかる
2001年にフランス書院ナポレオン大賞受賞して、頭角を現し、主にライトノベルの分野で執筆活動を続ける。07年に幻冬舎アウトロー大賞特別賞受賞、11年に宝島日本官能文庫大賞、岩井志麻子賞を受賞する。14年『ニートな彼とキュートな彼女』が『世にも奇妙な物語2014年春の特別編』に採用される。近著に『おいらん同心捕物控』『クリスティナ戦記 奉仕の姫騎士と国境の商人』『あきんど姫様』など多数。

「花と闇 ~団鬼六トリビュート~」作品一覧

(5冊)

0〜275(税込)

まとめてカート

数え14にして両親が残した借金のために遊郭へと売られた綾。
ほんの数日前まで生花や裁縫を習っていた。だが今は、口で男根を慰め、女陰で鈴を鳴らすことを仕込まれる日々。なぜ幼い少女が後家娘とされる姐禿(あねかむろ)として育てられているのか、疲れ果てた身体の綾にはまだその真意を知る術もなかった。
そして今度の客は、綾と歳が近い若すぎる武家の息子。しかも男の味しか知らぬというのだが……。
綾、調教する妓遊太郎(ぎゆうたろう)の秘めたる想い、女将が綾に抱く隠された憎しみが徐々に明らかとなっていく。


【著者プロフィール】
わかつきひかる
2001年にフランス書院ナポレオン大賞受賞して、頭角を現し、主にライトノベルの分野で執筆活動を続ける。07年に幻冬舎アウトロー大賞特別賞受賞、11年に宝島日本官能文庫大賞、岩井志麻子賞を受賞する。14年『ニートな彼とキュートな彼女』が『世にも奇妙な物語2014年春の特別編』に採用される。近著に『おいらん同心捕物控』『クリスティナ戦記 奉仕の姫騎士と国境の商人』『あきんど姫様』など多数。

今だけ第一話のみ無料で読める!

ここは京都の色街「島原」。太夫が練り歩くと、絢爛豪華な艶姿に感嘆そして嘆美の声が市井からあがった。その傍らで、数え14になる綾は女衒に手を引かれ、お綾ちゃんもいずれ太夫になるんだよ、との言葉を幼さの残る表情で見送っていた。
娘は売られたのだ。呉服問屋の娘としてなに不自由なく育てられたが、両親の死と残された多額の借金を返す、という定めを背負って。
まるで人の手で造り出されたような眉目よい顔立ちの綾が、覚悟もないまま客という名の見知らぬ男に歯茎をねぶられ、操がズタズタに組み敷かれていくーーー。そしてそれは思いも寄らない男だった……。


【著者プロフィール】
わかつきひかる
2001年にフランス書院ナポレオン大賞受賞して、頭角を現し、主にライトノベルの分野で執筆活動を続ける。07年に幻冬舎アウトロー大賞特別賞受賞、11年に宝島日本官能文庫大賞、岩井志麻子賞を受賞する。14年『ニートな彼とキュートな彼女』が『世にも奇妙な物語2014年春の特別編』に採用される。近著に『おいらん同心捕物控』『クリスティナ戦記 奉仕の姫騎士と国境の商人』『あきんど姫様』など多数。

数え14にして両親が残した借金のために遊郭へと売られた綾。
幼い色香が素性も名も知らぬ客にむさぼられ、男根が貞操を貫き娘の尊厳をも奪い去った翌日、綾は妓遊太郎(ぎゆうたろう)の手で再び苦痛と快楽によって思考する力さえも削ぎ取られていくのだった。
妓遊太郎、それは遊女に性技を教え込む男。次々と繰り出される女陰や肉襞を名器に仕立て上げる技に、昨日のような男に屈するおぞましい恥辱とは違うものを感じる綾だったが、そのあまりにも想像を超える責め苦の前にただただ翻弄されてしまう。そして、人として一番恥ずかしいものを晒け出してしまい、綾は「人形になろう」と思いやり過ごそうとするのだったのだが……。


【著者プロフィール】
わかつきひかる
2001年にフランス書院ナポレオン大賞受賞して、頭角を現し、主にライトノベルの分野で執筆活動を続ける。07年に幻冬舎アウトロー大賞特別賞受賞、11年に宝島日本官能文庫大賞、岩井志麻子賞を受賞する。14年『ニートな彼とキュートな彼女』が『世にも奇妙な物語2014年春の特別編』に採用される。近著に『おいらん同心捕物控』『クリスティナ戦記 奉仕の姫騎士と国境の商人』『あきんど姫様』など多数。

「花と闇 ~団鬼六トリビュート~」の作品情報

レーベル
――
出版社
ゴマブックス
ジャンル
文芸・小説 官能小説 官能
ページ数
64ページ (花と闇 ~団鬼六トリビュート~ 第一話 島原大路)
配信開始日
2020年2月14日 (花と闇 ~団鬼六トリビュート~ 第一話 島原大路)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad