電子書籍 読者体験告白レポート(アネ恋♀宣言) アダルトマンガ

著: 水木美里 

まずは、無料で試し読み

試し読み

12ページ読める

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

読者体験告白レポート 1 鬼畜彼氏と野外プレイ!! あらすじ・内容

【この作品は、以前販売されていた『読者体験告白手記 1鬼畜彼氏と野外プレイ!!』と同一の内容となっております。ご購入の際はお気をつけください】夕子との付き合いも3ヶ月。きっかけは良くあるナンパからだ。「今日の下着は超色っぽいじゃないか」「だって、こういうの好きだって言ってたから」「ああ、イヤらしくて興奮するぜ。お前、段々ヤラしくなるな」夕子は、まだウブで感じやすい。恥ずかしい格好でク○ニしてやると顔を真っ赤にしてヨガる。「口でしてくれ」おまけに俺の言う事なら何でも聞く。俺のモノをおずおずと握り、咥える。この恥じらいに満ちた表情がますますそそる。

この作品を共有
  

「読者体験告白レポート(アネ恋♀宣言)」最新刊

看護師の間でイケメンと噂の中尾センセに夜勤を頼まれ、断れなかった私。でもうっかり居眠りしちゃって、気がつけば私は病室のベッドの上で、白衣を乱された下着姿で、股を開いて縛りつけられていた。「どうなってるの!!」現れたのは中尾センセとベテランの岡崎先生。性欲がムキ出しになるという注射を太ももに打たれ、「今夜はぼくらがきみをたっぷり楽しませてあげる」とアソコをいじられて…。あっという間に下着もあそこもじゅぶじゅぶに。「だ…だめ、すごく気持ちいいっ!!」「いいんだよ、薬が効いてるんだからもっと感じて。今夜は何回でもいかせてあげようね」と2人の男たちにかわるがわる愛され体中がとろけちゃうぅ!

「読者体験告白レポート(アネ恋♀宣言)」作品一覧

(4冊)

各495(税込)

まとめてカート

【この作品は、以前販売されていた『読者体験告白手記 1鬼畜彼氏と野外プレイ!!』と同一の内容となっております。ご購入の際はお気をつけください】夕子との付き合いも3ヶ月。きっかけは良くあるナンパからだ。「今日の下着は超色っぽいじゃないか」「だって、こういうの好きだって言ってたから」「ああ、イヤらしくて興奮するぜ。お前、段々ヤラしくなるな」夕子は、まだウブで感じやすい。恥ずかしい格好でク○ニしてやると顔を真っ赤にしてヨガる。「口でしてくれ」おまけに俺の言う事なら何でも聞く。俺のモノをおずおずと握り、咥える。この恥じらいに満ちた表情がますますそそる。

【この作品は、以前販売されていた『読者体験告白レポート 2 愛人とお嬢様、白昼のダブルお口ご奉仕』と同一の内容となっております。ご購入の際はお気をつけください】「まずはわしのモノをおまえの口で奉仕してもらおうか!」初対面で愛人を紹介する最低の婚約者に、白昼のオフィスでいわれたその言葉が信じられない! こんな男と結婚するなんて…でも逆らえば家族が路頭に迷ってしまう…苦渋の選択の末、ひとみは永田と結婚する決断を。それからが地獄だった…。会社でもどこにいても、永田の気が赴くままいつでも彼のために股を開かなければならないひとみ。花嫁という名の性奴隷になったひとみにさらなる衝撃が襲い掛かる――!

野外の放尿シーンを写真に撮られちゃった。だって旦那と登山に来たら、急にオシッコがしたくなったんだもん。誰も見てないと思ったのに。そしたらその男「俺とここでSEXしたら、このフィルムを返してやってもいいぜ」ですって。仕方ないから私、上着を脱いで、男が言うようにスカートをまくったんです。山の中で下半身だけ丸出しでお尻を突き出してるなんて、凄い格好。男が後ろから挿入してきたら、思わず大きな声が出ちゃったんです。いけない、近くに夫がいたんだわ。そしたら男は余計激しく出し入れ。おっぱいまで揉んできて。私…凄く感じてるう。立ちバックから、バック、騎乗位と体位を変えてしちゃった…。

「読者体験告白レポート(アネ恋♀宣言)」の作品情報

レーベル
アネ恋♀宣言
出版社
秋水社ORIGINAL
ジャンル
アダルトマンガ 女性向け レディースコミック
ページ数
85ページ (読者体験告白レポート 1 鬼畜彼氏と野外プレイ!!)
配信開始日
2020年3月1日 (読者体験告白レポート 1 鬼畜彼氏と野外プレイ!!)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad