電子書籍 高嶺の花唇(スコラマガジン) 文芸・小説

著: 美野晶  イラスト: 東克美 

まずは、無料で試し読み

試し読み

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

高嶺の花唇 あらすじ・内容

25歳の鈴木卓は憤慨していた。折り合いの悪い祖父が頼みたいことがあるから田舎に帰ってこいと言いだしたのだ。旧家の本家である鈴木家は当主の祖父が実権を握っていて、命令は断れない。渋々帰郷すると、いきなり祖父は「結婚しろ」という。お見合いまでセッティングされていて、卓は怒りに震える。仕方なく相手の女性に会うことに。料亭で晴れ着姿の相手を見て身体が固まった。密かに憧れていた8つ年上の同僚・山本玲子だったのだ。高い鼻に大きな瞳、きりりとした印象を受ける顔立ち、透き通るような白い肌、たまに唇が少し開いて吐息を漏らす姿が、なんとも男心をくすぐった。美人でスタイルもいい玲子だが、気が強くて、会社ではほとんど喋ったこともなかった。しかし、そのまま2人きりで泊まることになると、ドMな素顔が顔を出し、浴室の中で……。

この作品を共有

「高嶺の花唇(スコラマガジン)」最新刊

25歳の鈴木卓は憤慨していた。折り合いの悪い祖父が頼みたいことがあるから田舎に帰ってこいと言いだしたのだ。旧家の本家である鈴木家は当主の祖父が実権を握っていて、命令は断れない。渋々帰郷すると、いきなり祖父は「結婚しろ」という。お見合いまでセッティングされていて、卓は怒りに震える。仕方なく相手の女性に会うことに。料亭で晴れ着姿の相手を見て身体が固まった。密かに憧れていた8つ年上の同僚・山本玲子だったのだ。高い鼻に大きな瞳、きりりとした印象を受ける顔立ち、透き通るような白い肌、たまに唇が少し開いて吐息を漏らす姿が、なんとも男心をくすぐった。美人でスタイルもいい玲子だが、気が強くて、会社ではほとんど喋ったこともなかった。しかし、そのまま2人きりで泊まることになると、ドMな素顔が顔を出し、浴室の中で……。

「高嶺の花唇(スコラマガジン)」の作品情報

レーベル
――
出版社
スコラマガジン
ジャンル
文芸・小説 官能 官能小説
ページ数
50ページ (高嶺の花唇)
配信開始日
2020年1月24日 (高嶺の花唇)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad