電子書籍 砂浜の妖精(スコラマガジン) 文芸・小説

著: 上原稜  イラスト: 柳橋マンドレ 

まずは、無料で試し読み

試し読み

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

砂浜の妖精 あらすじ・内容

小松俊也は社会人になったばかり。夏休みに大学時代の友人と海に遊びにやってきた。偶然、見かけたビーチバレーの試合を観戦していると、ポニーテールを揺らす美しい選手に目を奪われる。豊かに盛り上がった白いタンクトップに、きゅっと締まったお尻をぴっちりと包み込んだ青いビキニショーツ。身長は172、3センチ前後だろうか。相手のサーブを持つ彼女は前傾姿勢で、こちらにお尻を向けている。青いビキニショーツごしにお尻の割れ目がかすかに透けていた。試合で勝利したその女性に駆け寄った俊也は、サングラスの下から見覚えのある二重の切れ長の目が現れて、心臓が思いっきり跳ねた。ずっと忘れられない憧れの女性・友梨香だったのだ。友梨香は近所に住んでいた5歳年上のお姉さん。だが、彼女が結婚してからは連絡を絶っていた。その夜、再会の喜びを分かち合い、砂浜で……。

この作品を共有

「砂浜の妖精(スコラマガジン)」最新刊

小松俊也は社会人になったばかり。夏休みに大学時代の友人と海に遊びにやってきた。偶然、見かけたビーチバレーの試合を観戦していると、ポニーテールを揺らす美しい選手に目を奪われる。豊かに盛り上がった白いタンクトップに、きゅっと締まったお尻をぴっちりと包み込んだ青いビキニショーツ。身長は172、3センチ前後だろうか。相手のサーブを持つ彼女は前傾姿勢で、こちらにお尻を向けている。青いビキニショーツごしにお尻の割れ目がかすかに透けていた。試合で勝利したその女性に駆け寄った俊也は、サングラスの下から見覚えのある二重の切れ長の目が現れて、心臓が思いっきり跳ねた。ずっと忘れられない憧れの女性・友梨香だったのだ。友梨香は近所に住んでいた5歳年上のお姉さん。だが、彼女が結婚してからは連絡を絶っていた。その夜、再会の喜びを分かち合い、砂浜で……。

「砂浜の妖精(スコラマガジン)」の作品情報

レーベル
――
出版社
スコラマガジン
ジャンル
文芸・小説 官能 官能小説
ページ数
51ページ (砂浜の妖精)
配信開始日
2020年1月31日 (砂浜の妖精)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad