電子書籍 合本版 ハメられたJKたち(RIP-Comic) アダルトマンガ

著: BENETTY 

まずは、無料で試し読み

試し読み

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

合本版 ハメられたJKたち (1) あらすじ・内容

【待望の合本版、登場!】

可愛い教え子が無防備な姿で寝ていたら…あなたはどうしますか?

とある高校の下校時刻もとうに過ぎた夜の9時。
教師である川島は、仕事を済ませ帰ろうかと思ったところにある生徒の姿が…

「おかーさんが男呼んでてさ…」
帰るでもなく、少女はそう呟いた…どうしても帰りたくないとゴネる彼女を渋々泊まらせることになってしまったが…

我慢できねぇッ!!!

寝ているところをそのままJK処女ま●こを貫いた。
「いやああああっセンセイッ何してるのッ」
「いやっキモイからっ抜いてってばぁあっ!あぁあーー!!!」

レイプから始まった禁断の純愛!

「また泊まりに来てもいい?」

教え子エッチを存分に楽しもう!

この作品を共有
  

「合本版 ハメられたJKたち(RIP-Comic)」最新刊

【待望の合本版、登場!】

「雨音、こちらに来て水谷先生にご挨拶なさい」

とある高級料亭、二人の議員、行き詰まる会食の場…そこに可憐な美女が三つ指ついてやってきた!
どうやら見目の良い娘をつかって接待をさせる気だ―――そう思って断るものの一筋の涙が娘の頬を伝う。
なんでも先日も性接待を断られ、そのことを父親になじられて後がないと言う。酷い…

「どうか…お戯れを…」

仏心か下心か、この可憐で健気な娘を抱くことになった。
優しく抱いて、一度も侵されたことのないところをゆっくり拓くと…

「あ…んぅっ痛…っ」
「水谷様…っ良いですよ、そのまま私の膣内に…っ あぁあ~~!!」

清楚な雰囲気とは裏腹な豊満なカラダを、私は忘れられなくなり、また彼女のもとを訪れた。

「あぁっ…水谷様ぁっありがとうございます…とても気持ちいいです…っ」
「水谷さまぁ…っ雨音の体っもっと可愛がってくださいませ…っ」

一通り楽しんだ後、また父親から性接待を強要されているという話を聞いた私はある決断をした。

「雨音ちゃん、私と一緒においで」

公用車で、事務所で、高級ホテルで!四六時中セックスをしているうちにあることに気づき―――!?

「合本版 ハメられたJKたち(RIP-Comic)」作品一覧

(3冊)

1,650〜2,200(税込)

まとめてカート

【待望の合本版、登場!】

可愛い教え子が無防備な姿で寝ていたら…あなたはどうしますか?

とある高校の下校時刻もとうに過ぎた夜の9時。
教師である川島は、仕事を済ませ帰ろうかと思ったところにある生徒の姿が…

「おかーさんが男呼んでてさ…」
帰るでもなく、少女はそう呟いた…どうしても帰りたくないとゴネる彼女を渋々泊まらせることになってしまったが…

我慢できねぇッ!!!

寝ているところをそのままJK処女ま●こを貫いた。
「いやああああっセンセイッ何してるのッ」
「いやっキモイからっ抜いてってばぁあっ!あぁあーー!!!」

レイプから始まった禁断の純愛!

「また泊まりに来てもいい?」

教え子エッチを存分に楽しもう!

【待望の合本版、登場!】

「あいつらの親がな、ウチから金借りて逃げやがった」

ヤ●ザである親戚からの突然の電話―――あいつらとはウチの生徒の葉山姉妹のことだった。
聞けば上玉の二人をソープにでも沈めて一千万もの借金のカタに使おうっていう魂胆らしい。

…まてよ。俺が肩代わりすればこの姉妹は俺の言いなりになるんじゃないのか?

「先生…ありがとうございます」

そんなことを考えてるとは露程にも思ってないだろう姉妹の笑顔にほくそ笑む。

姉の朋美。従順でよく言うことを聞く娘だ。
妹の愛美。活発な運動部員で飲み込みが良い。

「せんせいのっ奥までぇ子宮まできちゃってるぅっ!ああぁ!あん!」
「もうっせんせぇっまだするのぉおっあっあっんんうっ!」

二人の処女もいただいて何度も身体を繋げ、随分と心も許されてきたが―――

「別にこちらはお前から金をもらっているからいいけどな、お前はそれでいいのか?」

借金JK姉妹と教師の行末は―――

【待望の合本版、登場!】

「雨音、こちらに来て水谷先生にご挨拶なさい」

とある高級料亭、二人の議員、行き詰まる会食の場…そこに可憐な美女が三つ指ついてやってきた!
どうやら見目の良い娘をつかって接待をさせる気だ―――そう思って断るものの一筋の涙が娘の頬を伝う。
なんでも先日も性接待を断られ、そのことを父親になじられて後がないと言う。酷い…

「どうか…お戯れを…」

仏心か下心か、この可憐で健気な娘を抱くことになった。
優しく抱いて、一度も侵されたことのないところをゆっくり拓くと…

「あ…んぅっ痛…っ」
「水谷様…っ良いですよ、そのまま私の膣内に…っ あぁあ~~!!」

清楚な雰囲気とは裏腹な豊満なカラダを、私は忘れられなくなり、また彼女のもとを訪れた。

「あぁっ…水谷様ぁっありがとうございます…とても気持ちいいです…っ」
「水谷さまぁ…っ雨音の体っもっと可愛がってくださいませ…っ」

一通り楽しんだ後、また父親から性接待を強要されているという話を聞いた私はある決断をした。

「雨音ちゃん、私と一緒においで」

公用車で、事務所で、高級ホテルで!四六時中セックスをしているうちにあることに気づき―――!?

「合本版 ハメられたJKたち(RIP-Comic)」の作品情報

レーベル
RIP-Comic
出版社
FLONTIER COMICS
ジャンル
アダルトマンガ おとなマンガ 男性向け
ページ数
156ページ (合本版 ハメられたJKたち (1))
配信開始日
2019年10月25日 (合本版 ハメられたJKたち (1))
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad