電子書籍 おんな淫別帖(スコラマガジン) 文芸・小説

著: 睦月影郎 

まずは、無料で試し読み

試し読み

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

おんな淫別帖 第一回 あらすじ・内容

時は慶応4年。茗荷谷の一軒家に暮らす26歳の戯作者・月影無三は、世の情勢には無関心で毎日のように春本書きに精を出していた。そんな無三のところへ、20歳前後の女武士・仄香が訪ねてきた。どうやらこの場所を、反幕府勢力たちの隠れ家として疑っているらしい。身の潔癖を証明するため、部屋の中に散乱している春画を見せる無三。すると仄香は顔を赤らめ恥ずかしがる。「仄香さんは処女ですね。オマンコは舐められると気持ちいい、とご存じですか?」政治より性器の方に興味がある女好きの無三は、言葉巧みに彼女を床へと誘い……。

この作品を共有

「おんな淫別帖(スコラマガジン)」最新刊

時は慶応4年。茗荷谷の一軒家に暮らす26歳の戯作者・月影無三のところへ、女武士の仄香が別れの挨拶をしに来た。無三に処女を奪われ、女の楽しみを教えられてきた仄香であったが、ついに決戦の地へと召集されることになったのだ。これが最後の淫交かと、早速お互いの身体を舐めあう二人。と、そこへ、無三の昔からの知り合いである美女・美良がやって来た。彼女も仄香と同じ理由で江戸を離れるという。すぐさま全裸になった美良も加わり、性宴はますます盛り上がり……。人気作家による時代官能シリーズ、ついに最終回!

「おんな淫別帖(スコラマガジン)」作品一覧

(6冊)

各110(税込)

まとめてカート

時は慶応4年。茗荷谷の一軒家に暮らす26歳の戯作者・月影無三は、世の情勢には無関心で毎日のように春本書きに精を出していた。そんな無三のところへ、20歳前後の女武士・仄香が訪ねてきた。どうやらこの場所を、反幕府勢力たちの隠れ家として疑っているらしい。身の潔癖を証明するため、部屋の中に散乱している春画を見せる無三。すると仄香は顔を赤らめ恥ずかしがる。「仄香さんは処女ですね。オマンコは舐められると気持ちいい、とご存じですか?」政治より性器の方に興味がある女好きの無三は、言葉巧みに彼女を床へと誘い……。

時は慶応4年。茗荷谷の一軒家に暮らす26歳の戯作者・月影無三は、世の情勢には無関心で毎日のように春本書きに精を出していた。そんな無三のところへ、20歳の結城穂波が訪れる。穂波は医者の娘であり、将来的に父の仕事を継ぎたいため、無三に男の身体を説明して欲しいという。それはお安い御用と自ら服を脱ぎ出した無三。「あなたのお口で肉棒を吸ってくれれば、不思議な汁が出ますよ」と、得意の巧みな話術で純粋な処女をたぶらかし……。

時は慶応4年。茗荷谷の一軒家に暮らす26歳の戯作者・月影無三は、世の情勢には無関心で毎日のように春本書きに精を出していた。そんな彼が自宅で股を広げながら自慰行為をしていたところ、突然二人の女性がやってきた。一人は、無三が処女を奪った娘・穂波。もう一人は初めて見る顔で、千代という名前の30歳前後の淑女であった。穂波曰く、千代は夫の暴力に悩んでおり、しばらく無三の家でかくまってくれないかという。穂波の頼みを承知した無三は、さっそく体中傷だらけの千代を全裸にし、全身をくまなく舐め始め……。

「おんな淫別帖(スコラマガジン)」の作品情報

レーベル
――
出版社
スコラマガジン
ジャンル
文芸・小説 官能 官能小説
ページ数
48ページ (おんな淫別帖 第一回)
配信開始日
2019年10月18日 (おんな淫別帖 第一回)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad