電子書籍 ほろ酔い熟女港(艶情文庫) 文芸・小説

著: 庵乃音人 

まずは、無料で試し読み

試し読み

16ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

ほろ酔い熟女港 あらすじ・内容

人気官能作家だった西崎章太郎はスランプに陥り、新境地を開拓しようと北国の寂れた港町に逗留をしていたが、チンピラに絡まれ助けてもらった男が安原だった。
安原は小料理屋へ西崎を誘うが、女将は安原の女房の咲子という女だった。
薄幸そうな咲子にひと目惚れした西崎だったが、その晩、酔って気が付くと奥の小部屋に寝かされており、隣室では安原と咲子の狂おしいまでの性行為が始まっていた。
56歳の西原は覗きに夢中になるのだが、暴力的なまでの性行為は普通ではなかった…。
一途な欲望に身を焦がす男の情愛官能作品の秀作である。

この作品を共有

「ほろ酔い熟女港(艶情文庫)」最新刊

人気官能作家だった西崎章太郎はスランプに陥り、新境地を開拓しようと北国の寂れた港町に逗留をしていたが、チンピラに絡まれ助けてもらった男が安原だった。
安原は小料理屋へ西崎を誘うが、女将は安原の女房の咲子という女だった。
薄幸そうな咲子にひと目惚れした西崎だったが、その晩、酔って気が付くと奥の小部屋に寝かされており、隣室では安原と咲子の狂おしいまでの性行為が始まっていた。
56歳の西原は覗きに夢中になるのだが、暴力的なまでの性行為は普通ではなかった…。
一途な欲望に身を焦がす男の情愛官能作品の秀作である。

「ほろ酔い熟女港(艶情文庫)」の作品情報

レーベル
艶情文庫
出版社
SANKO-SHA
ジャンル
文芸・小説 官能 官能小説
ページ数
241ページ (ほろ酔い熟女港)
配信開始日
2019年8月30日 (ほろ酔い熟女港)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad