電子書籍 バブみぃ・べいびぃ! ~オギャり催眠セラピーで赤ちゃんになぁれ~(オトナ文庫) 文芸・小説

原作: スタジオ奪ルージュ  著: 神崎美宙  他

まずは、無料で試し読み

試し読み

27ページ読める

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

バブみぃ・べいびぃ! ~オギャり催眠セラピーで赤ちゃんになぁれ~ あらすじ・内容

叱るしか能のない上司と、無気力無責任な後輩に挟まれ、心身ともに崩壊寸前の社畜生活を送る小山内は、帰宅途中で車に轢かれそうになり、気づけば病院のベッドにいた。
彼を助けたのはかかりつけの精神科医、さくら。
真面目すぎるため、本心を抑えつけて働く小山内を心配したさくらの提案により、催眠治療を施されることになった。
そして本心を解放された小山内は幼児退行して、さくらの母性溢れる肉体にしゃぶりつく。
さらにはさくらの妹、ゆきも加わり、ふたりの家に同居することになった小山内の、オギャり放題バブみライフが始まった!

この作品を共有

「バブみぃ・べいびぃ! ~オギャり催眠セラピーで赤ちゃんになぁれ~(オトナ文庫)」最新刊

叱るしか能のない上司と、無気力無責任な後輩に挟まれ、心身ともに崩壊寸前の社畜生活を送る小山内は、帰宅途中で車に轢かれそうになり、気づけば病院のベッドにいた。
彼を助けたのはかかりつけの精神科医、さくら。
真面目すぎるため、本心を抑えつけて働く小山内を心配したさくらの提案により、催眠治療を施されることになった。
そして本心を解放された小山内は幼児退行して、さくらの母性溢れる肉体にしゃぶりつく。
さらにはさくらの妹、ゆきも加わり、ふたりの家に同居することになった小山内の、オギャり放題バブみライフが始まった!

「バブみぃ・べいびぃ! ~オギャり催眠セラピーで赤ちゃんになぁれ~(オトナ文庫)」の作品情報

レーベル
オトナ文庫
出版社
パラダイム
ジャンル
文芸・小説 男性向け 官能 官能小説
ページ数
274ページ (バブみぃ・べいびぃ! ~オギャり催眠セラピーで赤ちゃんになぁれ~)
配信開始日
2019年7月25日 (バブみぃ・べいびぃ! ~オギャり催眠セラピーで赤ちゃんになぁれ~)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad