電子書籍 悦楽の扉 アダルトマンガ

著者: タカスギコウ 

まずは、無料で試し読み

試し読み

21ページ読める

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

悦楽の扉 あらすじ・内容

堕ちていく悦びは、決して他人には理解できないのかもしれません。人妻悦子は、自分からメスの匂いを出し…

堕ちていく悦びは、決して他人には理解できないのかもしれません。この善良な人妻である悦子は、不幸な事に自分からメスの匂いを出しているのにも無頓着で、快楽だけを求めて自分だけで済ませようとしていたのです。しかし性欲に群がるハイエナのような変態性欲を持った男が、その匂いを嗅ぎ付けて、ついに悦子の前に姿を現しました。それは禁断の関係でもある義兄、彼に調教をされ始め、その辱めに身を震わせ、どこまでも狂った性欲を追いかけていくようになったのです。快楽に浸った時に自分からいってしまうアノ言葉が、理性も知性も吹き飛ばしてしまいます。身体が快楽に包まれた時、小さな声でもいいですから、言ってみて下さい。「気持ちいいいぃぃ」って。たったこれだけで、堕ちていく理由が分かるかもしれませんよ。

この作品を共有
  

「悦楽の扉」最新刊

堕ちていく悦びは、決して他人には理解できないのかもしれません。この善良な人妻である悦子は、不幸な事に自分からメスの匂いを出しているのにも無頓着で、快楽だけを求めて自分だけで済ませようとしていたのです。しかし性欲に群がるハイエナのような変態性欲を持った男が、その匂いを嗅ぎ付けて、ついに悦子の前に姿を現しました。それは禁断の関係でもある義兄、彼に調教をされ始め、その辱めに身を震わせ、どこまでも狂った性欲を追いかけていくようになったのです。快楽に浸った時に自分からいってしまうアノ言葉が、理性も知性も吹き飛ばしてしまいます。身体が快楽に包まれた時、小さな声でもいいですから、言ってみて下さい。「気持ちいいいぃぃ」って。たったこれだけで、堕ちていく理由が分かるかもしれませんよ。

「悦楽の扉」の作品情報

レーベル
――
出版社
スコラマガジン
ジャンル
アダルトマンガ
ページ数
218ページ (悦楽の扉)
配信開始日
2019年6月27日 (悦楽の扉)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad