電子書籍 牙城を撃て(徳間文庫) 文芸・小説

著者: 西村寿行 

まずは、無料で試し読み

試し読み

30ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

牙城を撃て(上) あらすじ・内容

警視庁捜査二課の三影は厚生年金福祉事業協会と関東観光をめぐる汚職の摘発・捜査に当たっていたが、事件の鍵を握ると思われる同協会設備課長江波は逮捕寸前に行方を絶った。関東観光の背後には、秋武の存在があった。秋武は厚生大臣とも昵懇な交際を持ち、名の売れた事業家だが、日本暴力集団の“陰の総長”と渾名されてもいる。三影は江波失踪後の留守宅を訪れた男を追って南アルプスに踏み込むが……。

この作品を共有

「牙城を撃て(徳間文庫)」最新刊

秋武と張に捕らえられ、未だ警察にその存在を知られていない、南アルプス山中の麻薬栽培農場で奴隷として死にも勝る屈辱を受けたうえ、殺人まで犯した三影にとって、官憲の力に頼らず、己の力だけで報復することのみが生き続ける理由となった。一方、秋武と張の間にも亀裂が生じつつあった。秋武は張の国外脱出を援助する交換条件として、張の支配する麻薬密輸密売の権利を手に入れようと計画しはじめたのだ。

「牙城を撃て(徳間文庫)」作品一覧

(2冊)

各594(税込)

まとめてカート

警視庁捜査二課の三影は厚生年金福祉事業協会と関東観光をめぐる汚職の摘発・捜査に当たっていたが、事件の鍵を握ると思われる同協会設備課長江波は逮捕寸前に行方を絶った。関東観光の背後には、秋武の存在があった。秋武は厚生大臣とも昵懇な交際を持ち、名の売れた事業家だが、日本暴力集団の“陰の総長”と渾名されてもいる。三影は江波失踪後の留守宅を訪れた男を追って南アルプスに踏み込むが……。

秋武と張に捕らえられ、未だ警察にその存在を知られていない、南アルプス山中の麻薬栽培農場で奴隷として死にも勝る屈辱を受けたうえ、殺人まで犯した三影にとって、官憲の力に頼らず、己の力だけで報復することのみが生き続ける理由となった。一方、秋武と張の間にも亀裂が生じつつあった。秋武は張の国外脱出を援助する交換条件として、張の支配する麻薬密輸密売の権利を手に入れようと計画しはじめたのだ。

「牙城を撃て(徳間文庫)」の作品情報

レーベル
徳間文庫
出版社
徳間書店
ジャンル
文芸・小説 官能 官能小説
ページ数
416ページ (牙城を撃て(上))
配信開始日
2019年6月22日 (牙城を撃て(上))
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad