電子書籍 赤い名月(特選小説) 文芸・小説

著: 沢井涼 

まずは、無料で試し読み

試し読み

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

赤い名月 あらすじ・内容

十六歳の鶴吉は、江戸の花川戸にある高級料理店「木村屋」に奉公している。冬のある子の刻のこと、まだ女を知らない鶴吉は、下女たちの寝る部屋の匂いに昂奮しながら厠に向かっていた。すると、裾がまくりあがって白い尻を露わにした女が床に転がっているではないか。暗闇のなか、うっすらと覗かせる女の股間に吸い寄せられた鶴吉は、いつしか夢中で舐め回していた。しばらくすると女は起き上がり、自らの蜜壺に鶴吉の亀頭を導いた。時は流れ……五年後。あのときの白い尻にもういちど会いたいと願う鶴吉は、町で出会った掏りの女から、有力な情報を得るのだが……。

この作品を共有

「赤い名月(特選小説)」最新刊

十六歳の鶴吉は、江戸の花川戸にある高級料理店「木村屋」に奉公している。冬のある子の刻のこと、まだ女を知らない鶴吉は、下女たちの寝る部屋の匂いに昂奮しながら厠に向かっていた。すると、裾がまくりあがって白い尻を露わにした女が床に転がっているではないか。暗闇のなか、うっすらと覗かせる女の股間に吸い寄せられた鶴吉は、いつしか夢中で舐め回していた。しばらくすると女は起き上がり、自らの蜜壺に鶴吉の亀頭を導いた。時は流れ……五年後。あのときの白い尻にもういちど会いたいと願う鶴吉は、町で出会った掏りの女から、有力な情報を得るのだが……。

「赤い名月(特選小説)」の作品情報

レーベル
特選小説
出版社
スコラマガジン
ジャンル
文芸・小説 官能 官能小説
ページ数
41ページ (赤い名月)
配信開始日
2019年1月24日 (赤い名月)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad