電子書籍 平安官能絵巻 赤い河口(特選小説) 文芸・小説

著: 沢井涼 

まずは、無料で試し読み

試し読み

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

平安官能絵巻 赤い河口 あらすじ・内容

時は天元四年の三月――京の都は数々の花の香りで包まれていた。貧乏貴族の藤原弘兼は、鴨川にかかる五条大橋のたもとにいた。土手を上がった奥の木立に囲まれた一角で、仰向けになった男の顔の上に尻を乗せている町屋の女の姿を目撃する。喜び喘いでいる男をうらやましく思った弘兼は、二人のそばまで寄ることに……。すると女は四つんばいになり、尻を弘兼のほうに向けるではないか!? さらに、女の唇からよだれがしたたり落ちるのを見た弘兼は、辛抱たまらなくなり、自らの口で唾液を受け止めるのだった。その瞬間、弘兼は記憶を失ってしまう。はたして、女は物怪なのか? そして、弘兼は自らの記憶を取り戻すことができるのだろうか!!

この作品を共有

「平安官能絵巻 赤い河口(特選小説)」最新刊

時は天元四年の三月――京の都は数々の花の香りで包まれていた。貧乏貴族の藤原弘兼は、鴨川にかかる五条大橋のたもとにいた。土手を上がった奥の木立に囲まれた一角で、仰向けになった男の顔の上に尻を乗せている町屋の女の姿を目撃する。喜び喘いでいる男をうらやましく思った弘兼は、二人のそばまで寄ることに……。すると女は四つんばいになり、尻を弘兼のほうに向けるではないか!? さらに、女の唇からよだれがしたたり落ちるのを見た弘兼は、辛抱たまらなくなり、自らの口で唾液を受け止めるのだった。その瞬間、弘兼は記憶を失ってしまう。はたして、女は物怪なのか? そして、弘兼は自らの記憶を取り戻すことができるのだろうか!!

「平安官能絵巻 赤い河口(特選小説)」の作品情報

レーベル
特選小説
出版社
スコラマガジン
ジャンル
文芸・小説 官能 官能小説
ページ数
37ページ (平安官能絵巻 赤い河口)
配信開始日
2019年1月24日 (平安官能絵巻 赤い河口)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad