電子書籍 娘の蜂蜜(特選小説) 文芸・小説

著: 庵乃音人 

まずは、無料で試し読み

試し読み

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

娘の蜂蜜 あらすじ・内容

楠木秀一は50歳。花菜は、妻が遺した血の繋がらない一人娘だ。結納の前に親子で温泉に行こうと誘われ、落ち着かない気持ちで出かける。訪れたのは山奥の温泉地で、部屋に露天風呂が付いていた。個室での夕食後、秀一がひとりで露天風呂に入っていると、ほろ酔いの花菜が入ってくる。背中を洗うと言うのを抗えず、なすがままになっていると、いきなり花菜が背中から抱きついてくる。泡まみれの手で義父の男根をしごく娘。「抱いて、パパ。一度でいいから!」果たしてふたりは禁断の一線を越えてしまうのか!?

この作品を共有

「娘の蜂蜜(特選小説)」最新刊

楠木秀一は50歳。花菜は、妻が遺した血の繋がらない一人娘だ。結納の前に親子で温泉に行こうと誘われ、落ち着かない気持ちで出かける。訪れたのは山奥の温泉地で、部屋に露天風呂が付いていた。個室での夕食後、秀一がひとりで露天風呂に入っていると、ほろ酔いの花菜が入ってくる。背中を洗うと言うのを抗えず、なすがままになっていると、いきなり花菜が背中から抱きついてくる。泡まみれの手で義父の男根をしごく娘。「抱いて、パパ。一度でいいから!」果たしてふたりは禁断の一線を越えてしまうのか!?

「娘の蜂蜜(特選小説)」の作品情報

レーベル
特選小説
出版社
スコラマガジン
ジャンル
文芸・小説 官能 官能小説
ページ数
36ページ (娘の蜂蜜)
配信開始日
2019年1月24日 (娘の蜂蜜)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad