電子書籍 蜜のしたたる宿(スコラマガジン) 文芸・小説

著: 霧原一輝 

まずは、無料で試し読み

試し読み

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

蜜のしたたる宿―花びらの味― あらすじ・内容

59歳の官能小説家である里見正親は、北関東の寂れた旅館で執筆に励んでいた。作家として一時代を築いた時期もあったが、今現在はスランプ状態に陥っていた。東京に居ると借金取りに追われることもあって、この安宿に長逗留しているのだ。締切間際の原稿を書き上げた正親は、気分転換に近くの温泉街をブラブラしていたところ、馴染みの芸者・小菊とバッタリ会う。これは良い機会だと、自分の泊まっている部屋に小菊を招く正親。すると小菊は、「先生、抱いて」と言って着物を脱ぎ始め……。

この作品を共有

「蜜のしたたる宿(スコラマガジン)」最新刊

執筆のため、温泉街に逗留している59歳の官能小説家・里見正親。小料理屋で編集者との打ち合わせを済ませると、店内にいた浴衣姿の女子大生・千佳と香苗が声をかけてきた。昨日から、正親と同じ旅館に泊まっているという二人は、文学部に在籍しており、作家の彼に対し興味を抱いていた。場所を変え、宿で飲み続ける三人。先に香苗が酔いつぶれてしまうと、千佳は「セックス指導をしてください」と正親に迫り、体を預けるのであった。さらには、寝ていたはずの香苗も加わり……。

「蜜のしたたる宿(スコラマガジン)」作品一覧

(3冊)

各110(税込)

まとめてカート

59歳の官能小説家である里見正親は、北関東の寂れた旅館で執筆に励んでいた。作家として一時代を築いた時期もあったが、今現在はスランプ状態に陥っていた。東京に居ると借金取りに追われることもあって、この安宿に長逗留しているのだ。締切間際の原稿を書き上げた正親は、気分転換に近くの温泉街をブラブラしていたところ、馴染みの芸者・小菊とバッタリ会う。これは良い機会だと、自分の泊まっている部屋に小菊を招く正親。すると小菊は、「先生、抱いて」と言って着物を脱ぎ始め……。

スランプ状態から脱出するために北関東の旅館「はづき」を訪れていた、59歳の官能小説家・里見正親。だが筆が進まずに、悶々としながら夜中に岩風呂へ行く。すると、旅館の女将・葉月幸枝も入浴してきた。ここは12時を過ぎると混浴になるのだ。四十路を迎えた熟れた裸身につい見とれてしまう正親。そんな彼の目線を気にせずに、幸枝は“湯かけ祭り”という地元のイベントに正親を誘う。女将の夫は現在、出張で東京にいるらしかった。一緒に出かけた二人だったが、祭りの名前通り、お湯を浴びてズブ濡れになってしまい……。

執筆のため、温泉街に逗留している59歳の官能小説家・里見正親。小料理屋で編集者との打ち合わせを済ませると、店内にいた浴衣姿の女子大生・千佳と香苗が声をかけてきた。昨日から、正親と同じ旅館に泊まっているという二人は、文学部に在籍しており、作家の彼に対し興味を抱いていた。場所を変え、宿で飲み続ける三人。先に香苗が酔いつぶれてしまうと、千佳は「セックス指導をしてください」と正親に迫り、体を預けるのであった。さらには、寝ていたはずの香苗も加わり……。

「蜜のしたたる宿(スコラマガジン)」の作品情報

レーベル
――
出版社
スコラマガジン
ジャンル
文芸・小説 官能 官能小説
ページ数
39ページ (蜜のしたたる宿―花びらの味―)
配信開始日
2019年2月22日 (蜜のしたたる宿―花びらの味―)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad