セーフサーチ設定を変更しました
ページの先頭です

本文の始まりです

  • URLをシェアする

ニコニコカドカワ祭り2020

はじめてのお客さまへ

絞り込み

カテゴリ別ランキング

『新着を除く、『隣のおばさん ~イタズラ小僧と豊満熟女~(悶々堂)』(アダルトマンガ)』の電子書籍一覧

1~4件目/全4件

【新装版】隣のおばさん ~イタズラ小僧と豊満熟女~ 第4巻

著者
悶々堂

528(税込)  

主人公「太田健太郎」は特に取り柄のない学生。 仲の良い友人も打ち込める部活もなく、寂しい青春を送っていた。 人と変わったところと言えばエログッズ集めが趣味というところぐらい…そんな情けない主人公だがある日、隣の家に住む「涼子」のオ●ニーを目撃する。 涼子は忙しい母親にかわり日頃から世話を焼いてくれる隣のおばさんである。 また、健太郎は密かにその豊満な肉体に憧れを抱いていた。 そんな憧れの人の痴態に、興奮し我を忘れた健太郎は自慢のエログッズを手に取り涼子の家へと向かうのであった。
この日から健太郎の日常は大きく変わっていく。
健太郎による涼子の調教は日々エスカレートしていきついに…
この作品は同タイトルをコマ割りし、画質を向上させた【新装版】です。物語の内容・登場人物等に変更はありません。
収録されている「話」はサンプルページの目次をご確認下さい。

続きを読む

【新装版】隣のおばさん ~イタズラ小僧と豊満熟女~ 第3巻

著者
悶々堂

528(税込)  

主人公「太田健太郎」は特に取り柄のない学生。 仲の良い友人も打ち込める部活もなく、寂しい青春を送っていた。 人と変わったところと言えばエログッズ集めが趣味というところぐらい…そんな情けない主人公だがある日、隣の家に住む「涼子」のオ●ニーを目撃する。 涼子は忙しい母親にかわり日頃から世話を焼いてくれる隣のおばさんである。 また、健太郎は密かにその豊満な肉体に憧れを抱いていた。 そんな憧れの人の痴態に、興奮し我を忘れた健太郎は自慢のエログッズを手に取り涼子の家へと向かうのであった。
この日から健太郎の日常は大きく変わっていく。
健太郎による涼子の調教は日々エスカレートしていきついに…
この作品は同タイトルをコマ割りし、画質を向上させた【新装版】です。物語の内容・登場人物等に変更はありません。
収録されている「話」はサンプルページの目次をご確認下さい。

続きを読む

【新装版】隣のおばさん ~イタズラ小僧と豊満熟女~ 第2巻

著者
悶々堂

528(税込)  

主人公「太田健太郎」は特に取り柄のない学生。 仲の良い友人も打ち込める部活もなく、寂しい青春を送っていた。 人と変わったところと言えばエログッズ集めが趣味というところぐらい…。そんな情けない主人公だがある日、隣の家に住む「涼子」のオ●ニーを目撃する。 涼子は忙しい母親にかわり日頃から世話を焼いてくれる隣のおばさんである。 また、健太郎は密かにその豊満な肉体に憧れを抱いていた。 そんな憧れの人の痴態に、興奮し我を忘れた健太郎は 自慢のエログッズを手に取り涼子の家へと向かうのであった。
この日から健太郎の日常は大きく変わっていく。
健太郎による涼子の調教は日々エスカレートしていきついに…
この作品は同タイトルをコマ割りし、画質を向上させた【新装版】です。物語の内容・登場人物等に変更はありません。
収録されている「話」はサンプルページの目次をご確認下さい。

続きを読む

【新装版】隣のおばさん ~イタズラ小僧と豊満熟女~ 第1巻

著者
悶々堂

528(税込)  

主人公「太田健太郎」は特に取り柄のない学生。 仲の良い友人も打ち込める部活もなく、寂しい青春を送っていた。 人と変わったところと言えばエログッズ集めが趣味というところぐらい…。そんな情けない主人公だがある日、隣の家に住む「涼子」のオ●ニーを目撃する。 涼子は忙しい母親にかわり日頃から世話を焼いてくれる隣のおばさんである。 また、健太郎は密かにその豊満な肉体に憧れを抱いていた。 そんな憧れの人の痴態に、興奮し我を忘れた健太郎は 自慢のエログッズを手に取り涼子の家へと向かうのであった。
この日から健太郎の日常は大きく変わっていく。
健太郎による涼子の調教は日々エスカレートしていきついに…
この作品は同タイトルをコマ割りし、画質を向上させた【新装版】です。物語の内容・登場人物等に変更はありません。
収録されている「話」はサンプルページの目次をご確認下さい。

続きを読む

1~4件目/全4件

・キャンペーンの内容や期間は予告なく変更する場合があります。
・コインUP表示がある場合、ご購入時に付与されるキャンペーン分のコインは期間限定コインです。詳しくはこちら
・決済時に商品の合計税抜金額に対して課税するため、作品詳細ページの表示価格と差が生じる場合がございます。

ページ先頭へ

本文の終わりです