電子書籍 ゆうわく巨乳島(竹書房ラブロマン文庫) 文芸・小説

著: 庵乃音人 

まずは、無料で試し読み

試し読み

25ページ読める

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

ゆうわく巨乳島 あらすじ・内容

「ねえ、いっぱい揉んでいいのよ…」
ここは男のハーレム…淫らな巨乳美女ばかりの島!

九州地方X県沖を船旅していた青年・浦木克彦は海難事故に遭うが、運よく孤島に流れ着き、救助される。そこは人口二百人足らずの小さな島で、男たちは遠洋漁業に出ており、今は女ばかり。そして、風土と食べ物の関係からか、島の女たちは巨乳揃いだった。流れ着いた際、介抱してくれた優美な未亡人に好意を抱く克彦だったが、夫が不在で淋しい人妻や愛らしい海女などから、次々に甘い誘いを掛けられて…!? 巨乳美女ばかりの島でハーレム体験! 魅惑の孤島エロス登場。

この作品を共有

「ゆうわく巨乳島(竹書房ラブロマン文庫)」最新刊

「ねえ、いっぱい揉んでいいのよ…」
ここは男のハーレム…淫らな巨乳美女ばかりの島!

九州地方X県沖を船旅していた青年・浦木克彦は海難事故に遭うが、運よく孤島に流れ着き、救助される。そこは人口二百人足らずの小さな島で、男たちは遠洋漁業に出ており、今は女ばかり。そして、風土と食べ物の関係からか、島の女たちは巨乳揃いだった。流れ着いた際、介抱してくれた優美な未亡人に好意を抱く克彦だったが、夫が不在で淋しい人妻や愛らしい海女などから、次々に甘い誘いを掛けられて…!? 巨乳美女ばかりの島でハーレム体験! 魅惑の孤島エロス登場。

「ゆうわく巨乳島(竹書房ラブロマン文庫)」の作品情報

レーベル
竹書房ラブロマン文庫
出版社
竹書房
ジャンル
文芸・小説 官能 官能小説
ページ数
257ページ (ゆうわく巨乳島)
配信開始日
2019年3月20日 (ゆうわく巨乳島)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad