電子書籍 さよなら三角、(特選小説) 文芸・小説

著: 大泉りか 

まずは、無料で試し読み

試し読み

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

さよなら三角、 下 あたしと大吾 あらすじ・内容

32歳のまゆみが大吾にはじめて会ったのは、コンビニエンスストアのレジ待ちだった。弁当とおにぎり、さらにカップラーメンを持った姿に「男」を感じ、会ったその日に寝てしまう。恋人の智之とセックスレスで悩んでいたまゆみは、その後も大吾との関係を続けてしまい……。智之を大事に思う気持ちに偽りはないが、大吾とのセックスもやめられないまゆみ。ある日、ラブホテルでいつものように互いの体を貪っていると、大吾から真剣につきあってくれと言われて……。

この作品を共有

「さよなら三角、(特選小説)」最新刊

22歳のゆきえは、店の客としてきた大吾にひとめぼれをして、勤めていたキャバクラを辞めてしまう。そして、彼のアパートにころがりこみ、愛する男のために尽くす幸せを感じていた。しかし、大吾の心は彼女から離れようとしていた。ある晩、ゆきえは浴室から出てきた大吾の鎖骨のあたりにキスマークがあるのを見つけてしまう。嫉妬したゆきえは、キャバクラで働いていたころ、客からお金を払うから触らせてくれ、と言われたほどの自慢のFカップのバストを押しつけてセックスをねだる。さらに大吾のペニスをくわえ……。

「さよなら三角、(特選小説)」作品一覧

(3冊)

各110(税込)

まとめてカート

32歳のまゆみが大吾にはじめて会ったのは、コンビニエンスストアのレジ待ちだった。弁当とおにぎり、さらにカップラーメンを持った姿に「男」を感じ、会ったその日に寝てしまう。恋人の智之とセックスレスで悩んでいたまゆみは、その後も大吾との関係を続けてしまい……。智之を大事に思う気持ちに偽りはないが、大吾とのセックスもやめられないまゆみ。ある日、ラブホテルでいつものように互いの体を貪っていると、大吾から真剣につきあってくれと言われて……。

デザイナーの仕事をしている32歳のまゆみが、恋人智之のマンションに帰ってきたのは朝の7時だった。智之には仕事で遅くなったと嘘をつくが、実際は別な男と寝てきたのだ。つきあいはじめの頃は会うたびにしていたセックスが、いまやたのんでもしてくれなくなったのが浮気の理由だ。だが、智之は、まゆみの嘘を見破り、なじってきたかと思うと、まゆみのニットのセーターを荒々しくめくりあげ、乱暴にブラジャーを剥ぎ取り、さらに割れめに指を突っこんでくる。怒りをぶつけるだけの愛撫だったが、まゆみの体は敏感に反応してしまい……。

22歳のゆきえは、店の客としてきた大吾にひとめぼれをして、勤めていたキャバクラを辞めてしまう。そして、彼のアパートにころがりこみ、愛する男のために尽くす幸せを感じていた。しかし、大吾の心は彼女から離れようとしていた。ある晩、ゆきえは浴室から出てきた大吾の鎖骨のあたりにキスマークがあるのを見つけてしまう。嫉妬したゆきえは、キャバクラで働いていたころ、客からお金を払うから触らせてくれ、と言われたほどの自慢のFカップのバストを押しつけてセックスをねだる。さらに大吾のペニスをくわえ……。

「さよなら三角、(特選小説)」の作品情報

レーベル
特選小説
出版社
スコラマガジン
ジャンル
文芸・小説 官能 官能小説
ページ数
18ページ (さよなら三角、 下 あたしと大吾)
配信開始日
2019年1月24日 (さよなら三角、 下 あたしと大吾)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad