電子書籍 強制NTR言いなり催眠SEX(RIP-Comic) アダルトマンガ

完結
著: SCREW 

まずは、無料で試し読み

試し読み

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

【フルカラー】強制NTR言いなり催眠SEX ~ナマイキ義妹も高慢巨乳OLも俺のモノ~(1) あらすじ・内容

義妹の和葉から毎日浴びせられる罵声に、俺はうんざりしていた。
ああ、義妹に復讐したい…めちゃくちゃに犯してやりたい……!

そんなある日、胡散臭い悪魔が俺に「精神支配」の力を与えた。

「…これでいい…ですか?」

嘘だろ…本当に言うことを聞くなんて…!
やっぱり義兄の威厳を見せつけるには、ち●こをぶち込まないとな!!

「やだぁ…ッ!や、なんで…ッ体動かない…!」
「いやぁああッ!痛い…ッ、あっ、ああぁッ!」

くくく…まだまだたっぷりお仕置きしてやるからな!

そういえば、他の女にも言うことを聞かせられるんだよな、ということは…
俺の直属の上司、荒川美穂も支配できるということか!?

あんなに生意気だった義妹と俺のことを下に見ていたクソ上司を支配できるなんて…
全て俺の思い通りだ!あぁあたまらない!!

この作品を共有
  

「強制NTR言いなり催眠SEX(RIP-Comic)」最新刊

「どうぞ…私のぐちゃぐちゃおま●こで…気持ちよくなって下さい…」

催眠が解け、保健室で目を覚ました麗羅(れいら)。
「何だかすごく嫌な夢を見ていた気がする……」と思いながら教室に向かうと、
そこにいたのは気持ち良さそうにセックスに溺れる生徒達だった。
ちょうど現れた誠(まこと)に助けを求めるが……。

「ねえ、おかしいの!みんなが…学校であんなこと…!」
「何言ってるんですか? さっきまで、俺のち●こおいしそうにしゃぶってたのに」

誠の言葉に絶句する麗羅だったが、誠に犯される自分の体が
感じていることに気付くのだった。

「これ…ッ…だめぇッ…! 気持ちよすぎて…ッ…あたま…ッ…バカになりゅう…ッ…」
「こんな雌豚ま●こに…おち●ぽじゅぼじゅぼして頂けてッ…麗羅はしあわせれすぅ…ッ…」

やがて、催眠もなしに自分から体を差し出すようになった麗羅に
誠は「愛してる」と囁くのだった――。

「強制NTR言いなり催眠SEX(RIP-Comic)」作品一覧

(9冊)

各440(税込)

まとめてカート

義妹の和葉から毎日浴びせられる罵声に、俺はうんざりしていた。
ああ、義妹に復讐したい…めちゃくちゃに犯してやりたい……!

そんなある日、胡散臭い悪魔が俺に「精神支配」の力を与えた。

「…これでいい…ですか?」

嘘だろ…本当に言うことを聞くなんて…!
やっぱり義兄の威厳を見せつけるには、ち●こをぶち込まないとな!!

「やだぁ…ッ!や、なんで…ッ体動かない…!」
「いやぁああッ!痛い…ッ、あっ、ああぁッ!」

くくく…まだまだたっぷりお仕置きしてやるからな!

そういえば、他の女にも言うことを聞かせられるんだよな、ということは…
俺の直属の上司、荒川美穂も支配できるということか!?

あんなに生意気だった義妹と俺のことを下に見ていたクソ上司を支配できるなんて…
全て俺の思い通りだ!あぁあたまらない!!

ある日、胡散臭い悪魔に「精神支配」の力を与えられた俺。
生意気な義妹の次のターゲットは、俺を見下していたクソ上司、荒川美穂だ。

「私…のような雌豚が…あんな偉そうな口を叩いてしまい…本当に…ッ…申し訳ございませんでした…」
「あぁッ…や、待ってそこはッ…あっ…いやぁあああッ!や…やめてぇ…ッ…やああぁ…!」

仕事中にラブホテルで処女を奪って支配完了!
これで明日から楽しく仕事ができそうだw

帰ってからはまた義妹、和葉の調教が始まる。
今までの俺に対する態度を謝るが、そんな簡単に許すわけないだろ!?

「んっうう――ッ!何!?今の…体がビクって…あぁああ…ッ…や…ッらぁぁ…これぇッ…ああッ!」

嫌がりながらも毎日俺の性処理をする和葉。
だが、あまりにも従順すぎないか……?
もしかすると、隠し通したい秘密でもあるのかもしれないな――?

何か隠し事をしている和葉をつけていくと、嬉しそうに彼氏とデートをしていた。
俺は彼氏に和葉が淫乱女だと教えてやるが信じようとしない。

は――ったく、せっかく忠告してやったのに聞き分けのないガキだ。
仕方ないから和葉に暗示をかけてその場で全裸にさせてやるか。

「ちょッ…いやッ!何するのッ!?いやぁああッ」

やがて彼氏も友人もいなくなった和葉は、
とたんに俺の機嫌取りをするようになった。

「あっ…んっんっ…お兄ちゃんッ…これ…気持ち…いい…ッ…?」
「お腹…ッ…ビクビクしてぇ…ッ…イっちゃいそう…ッ…お兄ちゃん…ッ…一緒…ッイってぇえ…ッ…」

義妹を性玩具みたいに使えるこの優越感!
これでいい。どんなに腐っていても
これが俺が望んだ和葉との関係なのだから――。

「強制NTR言いなり催眠SEX(RIP-Comic)」の作品情報

レーベル
RIP-Comic
出版社
FLONTIER COMICS
ジャンル
アダルトマンガ 男性向け おとなマンガ 完結
ページ数
20ページ (【フルカラー】強制NTR言いなり催眠SEX ~ナマイキ義妹も高慢巨乳OLも俺のモノ~(1))
配信開始日
2018年11月30日 (【フルカラー】強制NTR言いなり催眠SEX ~ナマイキ義妹も高慢巨乳OLも俺のモノ~(1))
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad