電子書籍 昭和三十年 東京不倫(二見文庫) 文芸・小説

著: 睦月影郎 

まずは、無料で試し読み

試し読み

16ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

昭和三十年 東京不倫 あらすじ・内容

昭和の夜は熱い!

外来の「淫語」に昂りながら、だんだん奔放になっていく男と女──

昭和30年、昭一は文士になる夢を捨てきれずアパートで執筆を続けていた。代用教員時代の知り合い・佳代子が貸本の出版社におり、その経営者である彼女の舅が、性風俗本の著者で「チチラチオ」や「ジギタチオ」など新しい外来表現を教えて熱く官能を語っていた。一方で、佳代子の娘、アパートの大家……と実践の体験も積んでいった昭一は──。

この作品を共有

「昭和三十年 東京不倫(二見文庫)」最新刊

昭和の夜は熱い!

外来の「淫語」に昂りながら、だんだん奔放になっていく男と女──

昭和30年、昭一は文士になる夢を捨てきれずアパートで執筆を続けていた。代用教員時代の知り合い・佳代子が貸本の出版社におり、その経営者である彼女の舅が、性風俗本の著者で「チチラチオ」や「ジギタチオ」など新しい外来表現を教えて熱く官能を語っていた。一方で、佳代子の娘、アパートの大家……と実践の体験も積んでいった昭一は──。

「昭和三十年 東京不倫(二見文庫)」の作品情報

レーベル
二見文庫
出版社
二見書房
ジャンル
文芸・小説 官能 官能小説
ページ数
212ページ (昭和三十年 東京不倫)
配信開始日
2018年7月1日 (昭和三十年 東京不倫)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad