電子書籍 とろめき未亡人喫茶(竹書房文庫) 文芸

著: 葉月奏太 

まずは、無料で試し読み

試し読み

12ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

とろめき未亡人喫茶 あらすじ・内容

◎「今夜は…欲しいの」年上美女の甘い誘惑!
◎未亡人店長から誘惑妻まで…地元の喫茶店は熟蜜の園

「ああ、やっぱり素敵だ…」23歳のサラリーマン・吉岡貴志は、近所の喫茶店の店主・藤川優梨子に熱い眼差しを向けていた。優梨子は2年前に夫を亡くした三十路の未亡人。淑やかで美しい未亡人に想いを寄せて店に通っているが、奥手で童貞の貴志にとって彼女は高嶺の花で、ただ見つめているだけだった。そんな貴志だったが、喫茶店で働く人妻に筆下ろしをしてもらい、さらに優梨子の秘密の姿を目撃し、憧れの未亡人へ想いをぶつけようと決意する…!
艶めく年上美女に焦がれる青年を描いた、書き下ろし熟恋エロス。

この作品を共有

「とろめき未亡人喫茶(竹書房文庫)」最新刊

◎「今夜は…欲しいの」年上美女の甘い誘惑!
◎未亡人店長から誘惑妻まで…地元の喫茶店は熟蜜の園

「ああ、やっぱり素敵だ…」23歳のサラリーマン・吉岡貴志は、近所の喫茶店の店主・藤川優梨子に熱い眼差しを向けていた。優梨子は2年前に夫を亡くした三十路の未亡人。淑やかで美しい未亡人に想いを寄せて店に通っているが、奥手で童貞の貴志にとって彼女は高嶺の花で、ただ見つめているだけだった。そんな貴志だったが、喫茶店で働く人妻に筆下ろしをしてもらい、さらに優梨子の秘密の姿を目撃し、憧れの未亡人へ想いをぶつけようと決意する…!
艶めく年上美女に焦がれる青年を描いた、書き下ろし熟恋エロス。

「とろめき未亡人喫茶(竹書房文庫)」の作品情報

レーベル
竹書房文庫
出版社
竹書房
ジャンル
文芸 官能 官能小説
ページ数
257ページ (とろめき未亡人喫茶)
配信開始日
2018年5月22日 (とろめき未亡人喫茶)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad