電子書籍 アネモネ 文芸

著: 牧村僚 

まずは、無料で試し読み

試し読み

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

アネモネ 上 あらすじ・内容

倉松ヒロは32歳のシンガーソングライター。音大の作曲科を出ていて、もともとはクラシック専門だったが、大学3年生の頃に弾き語りをやるようになり、今はインディーズで活動している。今日はシティーホテルでのステージ。観衆は50人ほどだったが、音大時代の同級生・野上祥恵への思いを込めた新曲『アネモネ』をアンコールで歌い上げた。自分の部屋に戻ると、調律師の資格を持つ付き人の田岡沙織が部屋を訪ねてくる。26歳の彼女は3年間、ずっと支えてくれてきた。いつもはジーンズ姿だが、今日はなぜかミニ丈のワンピースで、白い太ももが大胆に露出している。いきなり抱きついてくると、「一度だけ、私のわがままを聞いてください」と哀願。「抱いてほしいんです」と迫ってきた。彼女に好意を持っていたヒロはその願いを受け入れる。数年ぶりのフェラの快感に震えながら、沙織の太ももを撫で回した。優しく秘部に舌をはわせると、彼女は悩ましいあえぎ声を上げ……。

この作品を共有

「アネモネ」最新刊

倉松ヒロは32歳のシンガーソングライター。音大の作曲科を出ていて、もともとはクラシック専門だったが、大学3年生の頃に弾き語りをやるようになり、今はインディーズで活動している。今日のライブでは音大時代の同級生・野上祥恵への思いを込めた新曲『アネモネ』をアンコールで歌い上げた。付き人の田岡沙織、事務所の社長・久保響子の思いを受け止めて、一夜を共にしたヒロ。改めて自分の気持ちと向き合った。そして、響子の計らいで、10年ぶりにずっと恋い焦がれてきた祥恵と再会する。あの頃と同じように上はTシャツ、下はジーンズのミニスカート。スカートの裾から露出した白い太ももに目を奪われる。そのむっちりとした量感にどれだけ惹かれたか知れない。ウエストのくびれも昔のままで、綺麗なお椀型のふくらみがTシャツの生地を突きあげている。自然と身体を重ねる二人。美しい祥恵の太ももを執拗に触り続けると、初めてセックスしたあの日ように、バックから責めに責めて……。

「アネモネ」作品一覧

(3冊)

各100円 (+税)

まとめてカート

倉松ヒロは32歳のシンガーソングライター。音大の作曲科を出ていて、もともとはクラシック専門だったが、大学3年生の頃に弾き語りをやるようになり、今はインディーズで活動している。今日はシティーホテルでのステージ。観衆は50人ほどだったが、音大時代の同級生・野上祥恵への思いを込めた新曲『アネモネ』をアンコールで歌い上げた。自分の部屋に戻ると、調律師の資格を持つ付き人の田岡沙織が部屋を訪ねてくる。26歳の彼女は3年間、ずっと支えてくれてきた。いつもはジーンズ姿だが、今日はなぜかミニ丈のワンピースで、白い太ももが大胆に露出している。いきなり抱きついてくると、「一度だけ、私のわがままを聞いてください」と哀願。「抱いてほしいんです」と迫ってきた。彼女に好意を持っていたヒロはその願いを受け入れる。数年ぶりのフェラの快感に震えながら、沙織の太ももを撫で回した。優しく秘部に舌をはわせると、彼女は悩ましいあえぎ声を上げ……。

倉松ヒロは32歳のシンガーソングライター。音大の作曲科を出ていて、もともとはクラシック専門だったが、大学3年生の頃に弾き語りをやるようになり、今はインディーズで活動している。今日のライブでは音大時代の同級生・野上祥恵への思いを込めた新曲『アネモネ』をアンコールで歌い上げた。終了後、付き人の田岡沙織と一夜を過ごし、翌日、事務所の社長・久保響子と会うことに。響子はゆったりしたワンピースを着て、スリットから素足のふとももを剥き出しにして、高々と脚を組んでいた。彼女は沙織とヒロの関係を知っていた。それどころか、祥恵への秘めた恋心にも気づいていて、二人が再会することを阻んでいた。それを謝ってきた響子は「私もちゃんとあきらめるわ。だから一度だけ、お願い」と迫ってくる。彼女の思いを受け入れたヒロ。裸になるのが恥ずかしいとキャミソール姿の響子をベッドに寝かせると、太ももを撫でまわし、沙織とのプレイを再現させて……。

倉松ヒロは32歳のシンガーソングライター。音大の作曲科を出ていて、もともとはクラシック専門だったが、大学3年生の頃に弾き語りをやるようになり、今はインディーズで活動している。今日のライブでは音大時代の同級生・野上祥恵への思いを込めた新曲『アネモネ』をアンコールで歌い上げた。付き人の田岡沙織、事務所の社長・久保響子の思いを受け止めて、一夜を共にしたヒロ。改めて自分の気持ちと向き合った。そして、響子の計らいで、10年ぶりにずっと恋い焦がれてきた祥恵と再会する。あの頃と同じように上はTシャツ、下はジーンズのミニスカート。スカートの裾から露出した白い太ももに目を奪われる。そのむっちりとした量感にどれだけ惹かれたか知れない。ウエストのくびれも昔のままで、綺麗なお椀型のふくらみがTシャツの生地を突きあげている。自然と身体を重ねる二人。美しい祥恵の太ももを執拗に触り続けると、初めてセックスしたあの日ように、バックから責めに責めて……。

「アネモネ」の作品情報

レーベル
――
出版社
綜合図書
ジャンル
文芸 官能 官能小説
ページ数
16ページ (アネモネ 上)
配信開始日
2018年5月18日 (アネモネ 上)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad