電子書籍 間違えて義姉に夜這いをした日から僕達は幾度となく挿入と絶頂を繰り返している アダルトマンガ

著: 貴道 

まずは、無料で試し読み

試し読み

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

間違えて義姉に夜這いをした日から僕達は幾度となく挿入と絶頂を繰り返している あらすじ・内容

「拓也くん…もっと…もっと激しく…して」――密かに想いを寄せていた兄嫁の妹、葵に夜這いをかける決心をした拓也。寝ている葵の布団に潜り込み、暗闇の中でアソコを押し広げて、指を挿入していく…。徐々にヌルヌルと湿り気を帯びていくアソコに興奮を隠せない拓也。このまま最後まで…思いきや、夜這いをしていると思った相手は葵ではなく、兄嫁の楓だった。謝罪をし、逃げようとする拓也の唇を奪い、ネットリと舌を絡めてくる楓。我慢が出来なくなった拓也は、そのまま楓の乳首に吸いつきながら、すでにヌルヌルになっている楓のアソコに自らのペニスを挿入し、兄嫁に何度も腰を打ち付ける…。兄嫁と義弟…2人の禁断の関係が始まる…。

この作品を共有

「間違えて義姉に夜這いをした日から僕達は幾度となく挿入と絶頂を繰り返している」を見ている人にこれもおすすめ

「間違えて義姉に夜這いをした日から僕達は幾度となく挿入と絶頂を繰り返している」最新刊

「拓也くん…もっと…もっと激しく…して」――密かに想いを寄せていた兄嫁の妹、葵に夜這いをかける決心をした拓也。寝ている葵の布団に潜り込み、暗闇の中でアソコを押し広げて、指を挿入していく…。徐々にヌルヌルと湿り気を帯びていくアソコに興奮を隠せない拓也。このまま最後まで…思いきや、夜這いをしていると思った相手は葵ではなく、兄嫁の楓だった。謝罪をし、逃げようとする拓也の唇を奪い、ネットリと舌を絡めてくる楓。我慢が出来なくなった拓也は、そのまま楓の乳首に吸いつきながら、すでにヌルヌルになっている楓のアソコに自らのペニスを挿入し、兄嫁に何度も腰を打ち付ける…。兄嫁と義弟…2人の禁断の関係が始まる…。

「間違えて義姉に夜這いをした日から僕達は幾度となく挿入と絶頂を繰り返している」作品一覧

(2冊)

各200円 (+税)

まとめてカート

「拓也くん…もっと…もっと激しく…して」――密かに想いを寄せていた兄嫁の妹、葵に夜這いをかける決心をした拓也。寝ている葵の布団に潜り込み、暗闇の中でアソコを押し広げて、指を挿入していく…。徐々にヌルヌルと湿り気を帯びていくアソコに興奮を隠せない拓也。このまま最後まで…思いきや、夜這いをしていると思った相手は葵ではなく、兄嫁の楓だった。謝罪をし、逃げようとする拓也の唇を奪い、ネットリと舌を絡めてくる楓。我慢が出来なくなった拓也は、そのまま楓の乳首に吸いつきながら、すでにヌルヌルになっている楓のアソコに自らのペニスを挿入し、兄嫁に何度も腰を打ち付ける…。兄嫁と義弟…2人の禁断の関係が始まる…。

「拓也くん…もっと…もっと激しく…して」――密かに想いを寄せていた兄嫁の妹、葵に夜這いをかける決心をした拓也。寝ている葵の布団に潜り込み、暗闇の中でアソコを押し広げて、指を挿入していく…。徐々にヌルヌルと湿り気を帯びていくアソコに興奮を隠せない拓也。このまま最後まで…思いきや、夜這いをしていると思った相手は葵ではなく、兄嫁の楓だった。謝罪をし、逃げようとする拓也の唇を奪い、ネットリと舌を絡めてくる楓。我慢が出来なくなった拓也は、そのまま楓の乳首に吸いつきながら、すでにヌルヌルになっている楓のアソコに自らのペニスを挿入し、兄嫁に何度も腰を打ち付ける…。兄嫁と義弟…2人の禁断の関係が始まる…。

「間違えて義姉に夜這いをした日から僕達は幾度となく挿入と絶頂を繰り返している」の作品情報

レーベル
侍侍
出版社
サード・ライン
ジャンル
アダルトマンガ 男性向け おとなマンガ
ページ数
29ページ (間違えて義姉に夜這いをした日から僕達は幾度となく挿入と絶頂を繰り返している)
配信開始日
2018年4月13日 (間違えて義姉に夜這いをした日から僕達は幾度となく挿入と絶頂を繰り返している)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad