電子書籍 眠るあの娘はボクの抱き枕-寝てよし、抱いてよし、ハメてよし!-(ナイトコミック) アダルトマンガ

完結

まずは、無料で試し読み

試し読み

16ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

眠るあの娘はボクの抱き枕-寝てよし、抱いてよし、ハメてよし!-(1) あらすじ・内容

オレの名前は倉間大貴。つい先日学校のクラスメイトであり仲の良い女友達でもある仲江詩乃に告白したものの見事にフラれてしまい、現在傷心中……。彼女から昼夜を問わず毎日のように送られてくるハートの絵文字が多用されたメールにどうやら勘違いをしてしまったようだ…告白してからというもの彼女から四六時中送られてきたメールもすっかり影を潜め、教室ですれ違ってもすぐに顔を背けられてしまい、眼も合わせてくれない…なんだか意図的に距離を置かれているようでとても寂しい…そんなある日の学校の帰り道…ふと興味の惹かれるままに立ち寄ったお店で『抱き枕』を買った。夜も更け、午前0時を回った頃…早速枕を抱いて眠ろうとお店で渡されたネームカードにお爺さんに言われたとおり抱き心地を味わいたい人の名前を書く…ネームカードに書いた名前は「仲江詩乃」。未練がましいとは思うけど彼女を抱いた感覚を味わいたかったオレは彼女の名前を書いた…そして、時刻は深夜2時…眠りに落ちた意識が現実へと引き戻されていく中、ふにふにふにとふっくらとした肉感的で温かく気持ちのいい感覚を手にする…顔を寄せれば、シャンプーのような甘い香り、耳元に聞こえる「すぅ…すぅ…」という女の寝息…オレはゆっくりと目蓋を開くとそこには…仲江詩乃がいた!!混乱の最中彼女の感覚を味わいたい一心でオレは両手で乳房を弄び、乳首を吸い立て、秘部を舐めあげ、さらにはゆっくりと硬く怒張した牡を体重をかけながらゆっくりと彼女の膣口へ埋没させていき…!?

この作品を共有
  

「眠るあの娘はボクの抱き枕-寝てよし、抱いてよし、ハメてよし!-(ナイトコミック)」を見ている人にこれもおすすめ

「眠るあの娘はボクの抱き枕-寝てよし、抱いてよし、ハメてよし!-(ナイトコミック)」最新刊

オレの名前は倉間大貴。つい先日学校のクラスメイトであり仲の良い女友達でもある仲江詩乃に告白したものの見事にフラれてしまい、現在傷心中……。彼女から昼夜を問わず毎日のように送られてくるハートの絵文字が多用されたメールにどうやら勘違いをしてしまったようだ…告白してからというもの彼女から四六時中送られてきたメールもすっかり影を潜め、教室ですれ違ってもすぐに顔を背けられてしまい、眼も合わせてくれない…なんだか意図的に距離を置かれているようでとても寂しい…そんなある日の学校の帰り道…ふと興味の惹かれるままに立ち寄ったお店で『抱き枕』を買った。夜も更け、午前0時を回った頃…早速枕を抱いて眠ろうとお店で渡されたネームカードにお爺さんに言われたとおり抱き心地を味わいたい人の名前を書く…ネームカードに書いた名前は「仲江詩乃」。未練がましいとは思うけど彼女を抱いた感覚を味わいたかったオレは彼女の名前を書いた…そして、時刻は深夜2時…眠りに落ちた意識が現実へと引き戻されていく中、ふにふにふにとふっくらとした肉感的で温かく気持ちのいい感覚を手にする…顔を寄せれば、シャンプーのような甘い香り、耳元に聞こえる「すぅ…すぅ…」という女の寝息…オレはゆっくりと目蓋を開くとそこには…仲江詩乃がいた!!混乱の最中彼女の感覚を味わいたい一心でオレは両手で乳房を弄び、乳首を吸い立て、秘部を舐めあげ、さらにはゆっくりと硬く怒張した牡を体重をかけながらゆっくりと彼女の膣口へ埋没させていき…!?

「眠るあの娘はボクの抱き枕-寝てよし、抱いてよし、ハメてよし!-(ナイトコミック)」作品一覧

(8冊)

各300円 (+税)

まとめてカート

オレの名前は倉間大貴。つい先日学校のクラスメイトであり仲の良い女友達でもある仲江詩乃に告白したものの見事にフラれてしまい、現在傷心中……。彼女から昼夜を問わず毎日のように送られてくるハートの絵文字が多用されたメールにどうやら勘違いをしてしまったようだ…告白してからというもの彼女から四六時中送られてきたメールもすっかり影を潜め、教室ですれ違ってもすぐに顔を背けられてしまい、眼も合わせてくれない…なんだか意図的に距離を置かれているようでとても寂しい…そんなある日の学校の帰り道…ふと興味の惹かれるままに立ち寄ったお店で『抱き枕』を買った。夜も更け、午前0時を回った頃…早速枕を抱いて眠ろうとお店で渡されたネームカードにお爺さんに言われたとおり抱き心地を味わいたい人の名前を書く…ネームカードに書いた名前は「仲江詩乃」。未練がましいとは思うけど彼女を抱いた感覚を味わいたかったオレは彼女の名前を書いた…そして、時刻は深夜2時…眠りに落ちた意識が現実へと引き戻されていく中、ふにふにふにとふっくらとした肉感的で温かく気持ちのいい感覚を手にする…顔を寄せれば、シャンプーのような甘い香り、耳元に聞こえる「すぅ…すぅ…」という女の寝息…オレはゆっくりと目蓋を開くとそこには…仲江詩乃がいた!!混乱の最中彼女の感覚を味わいたい一心でオレは両手で乳房を弄び、乳首を吸い立て、秘部を舐めあげ、さらにはゆっくりと硬く怒張した牡を体重をかけながらゆっくりと彼女の膣口へ埋没させていき…!?

オレの名前は倉間大貴。つい先日学校のクラスメイトであり仲の良い女友達でもある仲江詩乃に告白したものの見事にフラれてしまい、現在傷心中……。彼女から昼夜を問わず毎日のように送られてくるハートの絵文字が多用されたメールにどうやら勘違いをしてしまったようだ…告白してからというもの彼女から四六時中送られてきたメールもすっかり影を潜め、教室ですれ違ってもすぐに顔を背けられてしまい、眼も合わせてくれない…なんだか意図的に距離を置かれているようでとても寂しい…そんなある日の学校の帰り道…ふと興味の惹かれるままに立ち寄ったお店で『抱き枕』を買った。夜も更け、午前0時を回った頃…早速枕を抱いて眠ろうとお店で渡されたネームカードにお爺さんに言われたとおり抱き心地を味わいたい人の名前を書く…ネームカードに書いた名前は「仲江詩乃」。未練がましいとは思うけど彼女を抱いた感覚を味わいたかったオレは彼女の名前を書いた…そして、時刻は深夜2時…眠りに落ちた意識が現実へと引き戻されていく中、ふにふにふにとふっくらとした肉感的で温かく気持ちのいい感覚を手にする…顔を寄せれば、シャンプーのような甘い香り、耳元に聞こえる「すぅ…すぅ…」という女の寝息…オレはゆっくりと目蓋を開くとそこには…仲江詩乃がいた!!混乱の最中彼女の感覚を味わいたい一心でオレは両手で乳房を弄び、乳首を吸い立て、秘部を舐めあげ、さらにはゆっくりと硬く怒張した牡を体重をかけながらゆっくりと彼女の膣口へ埋没させていき…!?

オレの名前は倉間大貴。つい先日学校のクラスメイトであり仲の良い女友達でもある仲江詩乃に告白したものの見事にフラれてしまい、現在傷心中……。彼女から昼夜を問わず毎日のように送られてくるハートの絵文字が多用されたメールにどうやら勘違いをしてしまったようだ…告白してからというもの彼女から四六時中送られてきたメールもすっかり影を潜め、教室ですれ違ってもすぐに顔を背けられてしまい、眼も合わせてくれない…なんだか意図的に距離を置かれているようでとても寂しい…そんなある日の学校の帰り道…ふと興味の惹かれるままに立ち寄ったお店で『抱き枕』を買った。夜も更け、午前0時を回った頃…早速枕を抱いて眠ろうとお店で渡されたネームカードにお爺さんに言われたとおり抱き心地を味わいたい人の名前を書く…ネームカードに書いた名前は「仲江詩乃」。未練がましいとは思うけど彼女を抱いた感覚を味わいたかったオレは彼女の名前を書いた…そして、時刻は深夜2時…眠りに落ちた意識が現実へと引き戻されていく中、ふにふにふにとふっくらとした肉感的で温かく気持ちのいい感覚を手にする…顔を寄せれば、シャンプーのような甘い香り、耳元に聞こえる「すぅ…すぅ…」という女の寝息…オレはゆっくりと目蓋を開くとそこには…仲江詩乃がいた!!混乱の最中彼女の感覚を味わいたい一心でオレは両手で乳房を弄び、乳首を吸い立て、秘部を舐めあげ、さらにはゆっくりと硬く怒張した牡を体重をかけながらゆっくりと彼女の膣口へ埋没させていき…!?

「眠るあの娘はボクの抱き枕-寝てよし、抱いてよし、ハメてよし!-(ナイトコミック)」の作品情報

レーベル
ナイトコミック
出版社
ナイトコミック
ジャンル
アダルトマンガ 男性向け おとなマンガ 完結
ページ数
38ページ (眠るあの娘はボクの抱き枕-寝てよし、抱いてよし、ハメてよし!-(1))
配信開始日
2018年3月2日 (眠るあの娘はボクの抱き枕-寝てよし、抱いてよし、ハメてよし!-(1))
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad