電子書籍 柔肌は殺しの匂い 文芸

著: 勝目梓 

まずは、無料で試し読み

試し読み

12ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

柔肌は殺しの匂い あらすじ・内容

空巣の男がマンションの一室に忍び込んだ。ところがリビングルームで住人の美女とご対面。ソファに裸体を投げ出し、片方の手で乳房を、もう片方で下半身をまさぐっていた女は同業者だという。2人は一緒に仕事をすることになったのだが……。思いも寄らない結末の表題作ほかエロスに満ちあふれた全7編。

この作品を共有

「柔肌は殺しの匂い」最新刊

空巣の男がマンションの一室に忍び込んだ。ところがリビングルームで住人の美女とご対面。ソファに裸体を投げ出し、片方の手で乳房を、もう片方で下半身をまさぐっていた女は同業者だという。2人は一緒に仕事をすることになったのだが……。思いも寄らない結末の表題作ほかエロスに満ちあふれた全7編。

「柔肌は殺しの匂い」の作品情報

レーベル
講談社文庫
出版社
講談社
ジャンル
文芸 日本文学 官能小説 官能
ページ数
243ページ (柔肌は殺しの匂い)
配信開始日
2013年6月28日 (柔肌は殺しの匂い)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad