電子書籍 くるまでいかせて 文芸

著: 瀬井隆  イラスト: 東克美 

まずは、無料で試し読み

試し読み

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

くるまでいかせて あらすじ・内容

50代半ばの田中徳三は幼稚園バスの運転手。子供たちの笑顔に癒される毎日だ。半年前から送迎担当になった幼稚園教諭・春咲静香の存在も大きい。ジャージの上に付けているエプロンがとても似合っていて、弾けるような笑顔をほほえましく見守っていた。だが最近、時折暗い表情を見せるのが気がかりだった。なんでも園児の父親との不倫関係で悩んでいたらしい。その男から「やっぱり家庭は捨てられない」と別れを切り出され、潔く受け入れた静香だったが、心は傷ついたまま。園児が誰もいなくなったところで声をかけると、彼女はそこで泣き崩れてしまった。徳三は横に座って慰める。静香は徳三の優しさに男を感じたようで、手に巨乳を押しつけてきた。清純に見えた彼女だったが、周りに見られるかもしれないバスの中で興奮している様子。さっきまで園児の座っていたシートの上でヒザ立ちになり、お尻を突き出してきた。「私のそこ、好きに弄んでください……お願いします」。徳三はその哀願に応えて……。

この作品を共有

「くるまでいかせて」最新巻

50代半ばの田中徳三は幼稚園バスの運転手。子供たちの笑顔に癒される毎日だ。半年前から送迎担当になった幼稚園教諭・春咲静香の存在も大きい。ジャージの上に付けているエプロンがとても似合っていて、弾けるような笑顔をほほえましく見守っていた。だが最近、時折暗い表情を見せるのが気がかりだった。なんでも園児の父親との不倫関係で悩んでいたらしい。その男から「やっぱり家庭は捨てられない」と別れを切り出され、潔く受け入れた静香だったが、心は傷ついたまま。園児が誰もいなくなったところで声をかけると、彼女はそこで泣き崩れてしまった。徳三は横に座って慰める。静香は徳三の優しさに男を感じたようで、手に巨乳を押しつけてきた。清純に見えた彼女だったが、周りに見られるかもしれないバスの中で興奮している様子。さっきまで園児の座っていたシートの上でヒザ立ちになり、お尻を突き出してきた。「私のそこ、好きに弄んでください……お願いします」。徳三はその哀願に応えて……。

「くるまでいかせて」の作品情報

レーベル
――
出版社
綜合図書
ジャンル
文芸 官能 官能小説
ページ数
42ページ (くるまでいかせて)
配信開始日
2017年7月7日 (くるまでいかせて)
対応端末
  • PCブラウザビューア
  • Android(スマホ / タブレット)
  • iPhone / iPad