電子書籍 みだら鬼姫(竹書房文庫) 文芸

著: 睦月影郎 

まずは、無料で試し読み

試し読み

13ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

みだら鬼姫 あらすじ・内容

◎鬼の力で憧れの美女たちを次々に攻略!
◎大人気作家が描く、世にも淫らな奇想官能ワールド

幼い頃に住んでいた山村を訪れた浪人生の小西治郎は、不思議な美女・小夜と出会う。彼女は鬼一族の姫であり、人間の食い初めをするため、彼をここに呼び寄せたと言う。治郎は自分一人を食べるより、三億人分の子種がある精子で勘弁してほしいと説得する。興味を持った小夜は治郎と性交に及び、体内に精子を取り入れて満足し、一方、治郎は鬼姫と交わったことで妖力を得ていた。絶大な鬼の力を得た治郎は、小夜を連れて東京に戻ると、人妻から女子大生まで美女を次々に篭絡する。そして、そんな治郎の前に他の鬼も現れて…!? 書き下ろし奇想伝奇エロス!

この作品を共有

「みだら鬼姫(竹書房文庫)」最新巻

◎鬼の力で憧れの美女たちを次々に攻略!
◎大人気作家が描く、世にも淫らな奇想官能ワールド

幼い頃に住んでいた山村を訪れた浪人生の小西治郎は、不思議な美女・小夜と出会う。彼女は鬼一族の姫であり、人間の食い初めをするため、彼をここに呼び寄せたと言う。治郎は自分一人を食べるより、三億人分の子種がある精子で勘弁してほしいと説得する。興味を持った小夜は治郎と性交に及び、体内に精子を取り入れて満足し、一方、治郎は鬼姫と交わったことで妖力を得ていた。絶大な鬼の力を得た治郎は、小夜を連れて東京に戻ると、人妻から女子大生まで美女を次々に篭絡する。そして、そんな治郎の前に他の鬼も現れて…!? 書き下ろし奇想伝奇エロス!

「みだら鬼姫(竹書房文庫)」の作品情報

レーベル
竹書房文庫
出版社
竹書房
ジャンル
文芸 官能 官能小説
ページ数
262ページ (みだら鬼姫)
配信開始日
2017年6月23日 (みだら鬼姫)
対応端末
  • PCブラウザビューア
  • Android(スマホ / タブレット)
  • iPhone / iPad