電子書籍 みだら祭りの島 <新装版> 文芸

著: 橘真児 

まずは、無料で試し読み

試し読み

13ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

みだら祭りの島 <新装版> あらすじ・内容

◎欲情する美女たち…ふしだらな島へようこそ!
◎熟した人妻から愛しの巫女まで、魅惑のハーレムエロス

渡見和徳は、瀬戸内海に浮かぶ故郷の零悶島に4年ぶりに帰って来た。実家が島の神社で、父に代わって宮司を務めるためだった。帰郷したくなかった和徳が憂鬱な気分で神社にいると、巫女を務める東原亜紀子が衣装を確認しにやって来る。亜紀子は和徳の初恋の人で、人妻となった今も美しく、つい社務所で着替えているのを覗いてしまう。そして、覗き見が彼女にばれると、逆に誘惑され、筆下ろしをしてもらうことに。以来、和徳は訪ねて来る美女たちと肌を重ねていくが、それは神社に祀られている淫らな女神のせいだった…! 極上のハーレム孤島エロス、待望の新装版化。

この作品を共有

「みだら祭りの島 <新装版>」最新巻

◎欲情する美女たち…ふしだらな島へようこそ!
◎熟した人妻から愛しの巫女まで、魅惑のハーレムエロス

渡見和徳は、瀬戸内海に浮かぶ故郷の零悶島に4年ぶりに帰って来た。実家が島の神社で、父に代わって宮司を務めるためだった。帰郷したくなかった和徳が憂鬱な気分で神社にいると、巫女を務める東原亜紀子が衣装を確認しにやって来る。亜紀子は和徳の初恋の人で、人妻となった今も美しく、つい社務所で着替えているのを覗いてしまう。そして、覗き見が彼女にばれると、逆に誘惑され、筆下ろしをしてもらうことに。以来、和徳は訪ねて来る美女たちと肌を重ねていくが、それは神社に祀られている淫らな女神のせいだった…! 極上のハーレム孤島エロス、待望の新装版化。

「みだら祭りの島 <新装版>」の作品情報

レーベル
――
出版社
竹書房
ジャンル
文芸 官能 官能小説
ページ数
281ページ (みだら祭りの島 <新装版>)
配信開始日
2017年6月9日 (みだら祭りの島 <新装版>)
対応端末
  • PCブラウザビューア
  • Android(スマホ / タブレット)
  • iPhone / iPad