電子書籍 危険な相乗りエレベーター ~無垢な少女の届かぬ悲鳴~ アダルトマンガ

完結
著者: 悶々堂 

まずは、無料で試し読み

試し読み

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

危険な相乗りエレベーター ~無垢な少女の届かぬ悲鳴~ 第1話 あらすじ・内容

仕事帰り…いつも決まった時間のエレベーター。そこで、必ず相乗りする女子校生がいる。俺好みの可愛い顔。そして何より、色情を感じさせるエロい身体。彼女を舐め回すように観察する…それが俺にとって性欲を吐き出す一つの手段になっていた。そんな日常に満足していた俺だが、ふと思うことがある。もしも…彼女に手を出せるチャンスがあったのなら、俺はどうするだろうか?…と。そして、そのチャンスは唐突に訪れた。緊急停止したエレベーター。外部と連絡の取れない二人きりの空間。突然の出来事に身体を震わせる彼女を見た時、俺の飢えていた欲望は本能のままに、彼女の身体へと手を伸ばしていく…。

この作品を共有

「危険な相乗りエレベーター ~無垢な少女の届かぬ悲鳴~」最新刊

仕事帰り…いつも決まった時間のエレベーター。そこで、必ず相乗りする女子校生がいる。俺好みの可愛い顔。そして何より、色情を感じさせるエロい身体。彼女を舐め回すように観察する…それが俺にとって性欲を吐き出す一つの手段になっていた。そんな日常に満足していた俺だが、ふと思うことがある。もしも…彼女に手を出せるチャンスがあったのなら、俺はどうするだろうか?…と。そして、そのチャンスは唐突に訪れた。緊急停止したエレベーター。外部と連絡の取れない二人きりの空間。突然の出来事に身体を震わせる彼女を見た時、俺の飢えていた欲望は本能のままに、彼女の身体へと手を伸ばしていく…。

「危険な相乗りエレベーター ~無垢な少女の届かぬ悲鳴~」作品一覧

(12冊)

各70円 (+税)

まとめてカート

仕事帰り…いつも決まった時間のエレベーター。そこで、必ず相乗りする女子校生がいる。俺好みの可愛い顔。そして何より、色情を感じさせるエロい身体。彼女を舐め回すように観察する…それが俺にとって性欲を吐き出す一つの手段になっていた。そんな日常に満足していた俺だが、ふと思うことがある。もしも…彼女に手を出せるチャンスがあったのなら、俺はどうするだろうか?…と。そして、そのチャンスは唐突に訪れた。緊急停止したエレベーター。外部と連絡の取れない二人きりの空間。突然の出来事に身体を震わせる彼女を見た時、俺の飢えていた欲望は本能のままに、彼女の身体へと手を伸ばしていく…。

仕事帰り…いつも決まった時間のエレベーター。そこで、必ず相乗りする女子校生がいる。俺好みの可愛い顔。そして何より、色情を感じさせるエロい身体。彼女を舐め回すように観察する…それが俺にとって性欲を吐き出す一つの手段になっていた。そんな日常に満足していた俺だが、ふと思うことがある。もしも…彼女に手を出せるチャンスがあったのなら、俺はどうするだろうか?…と。そして、そのチャンスは唐突に訪れた。緊急停止したエレベーター。外部と連絡の取れない二人きりの空間。突然の出来事に身体を震わせる彼女を見た時、俺の飢えていた欲望は本能のままに、彼女の身体へと手を伸ばしていく…。

仕事帰り…いつも決まった時間のエレベーター。そこで、必ず相乗りする女子校生がいる。俺好みの可愛い顔。そして何より、色情を感じさせるエロい身体。彼女を舐め回すように観察する…それが俺にとって性欲を吐き出す一つの手段になっていた。そんな日常に満足していた俺だが、ふと思うことがある。もしも…彼女に手を出せるチャンスがあったのなら、俺はどうするだろうか?…と。そして、そのチャンスは唐突に訪れた。緊急停止したエレベーター。外部と連絡の取れない二人きりの空間。突然の出来事に身体を震わせる彼女を見た時、俺の飢えていた欲望は本能のままに、彼女の身体へと手を伸ばしていく…。

「危険な相乗りエレベーター ~無垢な少女の届かぬ悲鳴~」の作品情報

レーベル
――
出版社
悶々堂
ジャンル
アダルトマンガ 完結 フィルムコミック 男性向け 萌え おとなマンガ
ページ数
26ページ (危険な相乗りエレベーター ~無垢な少女の届かぬ悲鳴~ 第1話)
配信開始日
2017年4月7日 (危険な相乗りエレベーター ~無垢な少女の届かぬ悲鳴~ 第1話)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad